よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

花粉症薬のアレグラの飲み方は?コーヒーと飲むのは?お酒は平気?

      2017/03/01

花粉症
 

花粉症薬のアレグラは市販薬と処方薬がありますが、アレグラを飲む時に効果的な飲み方や

気をつけるべき点などがあり、飲み方によって効果が有効的に発揮されるんですよね。今回は

花粉症薬のアレグラの飲み方について、またコーヒーと一緒に飲んだり、お酒と飲むことに

ついてあなたにお伝えします。

~花粉症の薬アレグラについてはこちらも参考にしてみてください。~

⇛ アレグラとの飲み合わせ風邪薬は?抗生物質やビタミン剤は?

⇛ 花粉症薬のアレグラのジェネリックと市販の値段は?通販はある?

⇛ 花粉症の薬アレグラの効果は?副作用はある?効かない理由は?

スポンサードリンク

花粉症薬のアレグラの飲み方は?

花粉症薬のアレグラの飲み方ですが、基本的には朝と夕の食後にそれぞれ1回ずつ、

計1日2回服用することが一般的です。そして、アレグラを服用すると8~9時間は効果が

持続するので、それ以上の間隔をあけて服用したほうが良いでしょう。特に処方薬の

場合には、処方通り飲んでくださいね。また市販薬にしても用法用量を守って服用することが

原則ですので、通常朝と夕の食後にそれぞれ1回服用していれば問題ありません。

 

ただし食事の時間がズレたりした場合には、10時間程度はあけて服用してくださいね。また、

アレグラは服用してからすぐに効果が顕れません。即効性のある薬ではないので、大体1~2

時間後には効き始めるので、焦らず1日2回の服用を守ってくださいね。そして市販薬の

場合は、花粉症の症状が治まったら服用するのを止めて構いませんが、処方薬の場合には

勝手に服用を止めることはしないで、医師の指示を仰いでください。

 

また服用するときには原則水が望ましいです。他のもので服用すると、効果が変わってしまう

可能性があるので注意が必要ですよ。またアレグラの場合には、制酸剤やエリスロマイシン

一緒に服用してしまうと効果が変わってしまう恐れがあるので、これも注意してくださいね。

 

アレグラの原則的な飲み方をお伝えしましたが、さらに効果的な飲み方があります。それは

食後に服用するのではなく、空腹時に服用することです。これはアレグラは空腹時に

服用すると、血中濃度が少し高まるということがあるので、空腹時にアレグラを服用した

ほうが、体内に効率的に吸収されるんですね。

 

ただし、気をつけて欲しいのが、アレグラを服用しても効果が顕われないからといって、

3回以上服用することです。アレグラは1日2回の服用で24時間効果が持続するので

十分なのですが、さらに3回飲むことで、血中濃度は高くなり効果が強くなるはずです。

 

しかし、アレグラ自体が抗アレルギー薬の中では強い薬ではないので、1日2回服用して

効果がないようだったら、3回服用しても同じことでしょう。逆に副作用が心配になって

きますよ。アレグラは副作用の少ない花粉症薬ですが、3回以上服用することで、少なからず

副作用の確率は上がります。したがって、アレグラを1日2回服用して効果がなければ、他の

抗アレルギー薬を併用するか、別の抗アレルギー薬に変更するのが良いでしょう。

もし併用するならば、医師に相談するのが良いですよ^^

花粉症薬のアレグラをコーヒーと飲むのは?

花粉症薬のアレグラをコーヒーと一緒に飲むのは問題ないのですが、前章でもお伝えした

ように、水で服用したほうが良いです。というのも、アレグラを飲んでから2時間後に

コーヒーを飲んだら貧血になった人がいて、個人の体調などもあるので必ずとは

言い切れませんが、もしどうしてもアレグラを服用してから、コーヒーを飲みたいと

いうのなら7、8時間くらい間隔を空けて飲む方が良いですよ。


スポンサードリンク

ただ無糖のコーヒーは花粉症の症状に効果があります。コーヒーに含まれるカフェインが、

アレルギー症状に効果を発揮するようなんですね。したがって、コーヒーも花粉症対策の

一つとして飲むことはおすすめしますよ。花粉症とコーヒーの関係についての詳しい事は

以下を参考にしてみてくださいね。

花粉症がコーヒーで悪化する?症状に効果がある?関係は?
花粉症の症状にコーヒーが効果的という声もあれば、コーヒーは花粉症を悪化させる という、声も聞きますよね。一体花粉症とコー...

花粉症薬のアレグラとお酒は平気?

花粉症薬のアレグラとお酒についてですが、やはりというべきか、一緒に飲むことは

避けてくださいね。というのも、お酒にはアルコールが含まれていますよね。アレグラの

成分はアルコールに溶けやすく、急激に吸収されたり、持続性を維持できなくなったり

するからなんですね。早く吸収されるということは、早めに効果が顕れるので良いのでは、

と思うかもしれませんが、早く吸収されて血中濃度が高くなる分、副作用の確率も

増えてしまいます。

 

アレグラを1日3回以上服用しない方が良い理由と同じなんですよね。そしてそもそもが薬と

お酒を同時に服用すると薬が効きすぎるので、一緒に服用するものではないし、薬を服用した

日はお酒を飲むことを控える方が良いですよ。特に死亡例が報告されているわけでは

ないですが、避けることが賢明ですね^^;

まとめ

アレグラの飲み方は用法用量を守って飲むことが原則です。特にアレグラの効果が

発揮されるのは、空腹時に服用することなので、アレグラを服用する際には参考に

してみてくださいね。またコーヒーにしても、お酒にしても同時に飲むことは

避けたほうがよいでしょう。

花粉症の薬アレグラの効果は?副作用はある?効かない理由は?
花粉症の薬として現在主流になっている第二世代の抗ヒスタミン薬。その中でもアレグラは 花粉症にとても効果的だと話題です。そ...
スポンサードリンク

 - ,