よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

子供の花粉症の対策は?原因は何?市販薬で対処してはダメ?

   

花粉症
 

最近では子供の花粉症も増え続けているようで、低年齢化していっているようです。花粉症の

症状は子供の生活だけでなく、成長にも影響を与えてしまう可能性があるんですね。

今回は子供の花粉症の対策や原因、そして市販薬についてあなたにお伝えします。

スポンサードリンク

子供の花粉症の対策は?

子供に対しての花粉症なので、出来るだけ薬を使うのは避けたいところですよね。そこで、

薬ではなく日常生活の範囲の中での花粉症対策をお伝えします。まずは食生活を見直して

いきましょう。消化しやすく自然な食生活というのが望ましいですよ。

 

お肉中心とした食生活になっているのなら、野菜や魚中心の食生活に変えたり、油は

オリーブオイルやえごま油のみ使用し、マヨネーズは控えましょう。また卵や乳製品は消化に

負担がかかるので、控えたほうが良いですし、チョコレートやケーキなど乳製品が多く

使われているものは控えるようにしたほうが良いですね。また発酵食品やヨーグルトは、

1日1回は食べるようにした方が良いですよ。

 

と、色々制限があって大変だと思われるかもしれませんが、これが理想であって、ポイントは

消化に負担のかかる食べ物は控えて、内臓を疲れさせないことなんですね。上記でお伝えした

事を全て行えれば良いですが、正直なかなか難しいとも思うので、一番は野菜や魚中心の

食生活にすることです。ここから始めて徐々に他の項目も取り入れて、

食生活を改善していくとよいでしょう。

 

食生活にプラスして、お茶も子供の花粉症対策には良いのではないでしょうか。お茶にも

色々ありますが、甜茶やハーブティー、べにふうきなど色々あります。特にべにふうきは

評判が良いですが、お茶を飲んだからといって必ずしも全員に効果があるとは

限らないんです。しかし、試してみる価値はあるので、色々試してみて、子供の体質に

あったお茶を探してみてはどうでしょう。ただしべにふうきを除いて、お茶は基本的には

即効性のあるものではありません。なので、花粉が飛散する前に飲むのが効果的ですよ。

べにふうきについての詳細は、以下を参考にしてみてください。

花粉症にはべにふうきが効果あり?飲み方は?副作用はある?
花粉症対策としてお茶が挙げられますが、その中でも「べにふうき」というお茶が花粉症に 効果があると言われています。「べにふ...

 

そして、家の掃除には特に気をつけたいですよね。特にハウスダストの影響でも

アレルギー症状が出るので、こまめな掃除をしていくことが大切です。そして花粉症の

時期には、掃除機よりも拭き掃除にしたり、布団はなるべく外干しを避けたり、布で

出来ているモノで洗えるものであれば、こまめに洗ったりしましょう。

 

また換気のために窓を開けるときには、花粉が多く飛散している時間帯を避けたり、

窓を開けた時にカーテンやレースを閉めて、外からくる花粉を防いだりするなど、色々な

工夫をして部屋の空気を清浄に保つように心がけてくださいね。花粉症シーズンの掃除に

ついては。以下を参考にしてみてくださいね。

花粉症時期の部屋の掃除のコツ!換気のコツは?湿度管理は?
花粉症の時期の部屋の掃除は、なるべく花粉が部屋に侵入しないようにしないと いけませんよね。また部屋の喚起をする際にも、花...

 

ここまで食生活と家の掃除が子供への花粉症対策としてお伝えしましたが、これは子供だけ

ではなく、大人への花粉症対策としても言えることですよね。そしてもう一つ、生活習慣を

見直して体質改善することで、花粉症にかからない体質を作ってあげましょう。子供の

生活習慣を変えることは、なかなか大変でしょうが、特に簡単で大切なポイントを

あなたにお伝えしますね。

 

まず十分な睡眠を取ることです。睡眠不足は花粉症の症状の悪化の原因となります。小さい

子供であれば、夜9時から朝7時までたっぷり眠った方が良いですよ。特に子供はまだ

成長段階です。夜10時から夜中の2時までは成長に影響を及ぼす睡眠時間なので、遅くても

10時までには寝かせましょうね。

 

夜を快適に寝かせるためには、やはりよく遊ぶことが大切です。実は小さな子供でも、

ストレスは溜まるんですよね。この事は親であるあなたが理解してあげましょうね。

ストレスも花粉症の症状の悪化の要因なので、思いっきり遊ばして、笑わせて、子どもが

ストレスを溜めない生活を送らせる事を心がけてくださいね。また思いっきり

遊んだ分だけ、適度な疲労が出て夜更かしする事も無くなりますよ^^

 

このように子供の花粉症対策としてあなたにお伝えしましたが、基本は大人の花粉症対策と

同じで、食生活や生活習慣の見直すことが花粉症対策となります。急に全部を変えることは

大変ですし、難しいと思いますので、出来ることから少しづつ変えていって、花粉症に

ならない体質を子供に与えてあげてくださいね。

子供の花粉症の原因は?

子供の花粉症の原因ですが、花粉症ですので直接の原因は花粉ですよね。したがって、近年は

花粉の量の増加が原因の一つとして挙げられています。最近では花粉症が低年齢化してきて

いて、子供の花粉症患者は増えているようなんです。これは花粉症というのは、一般的には

アレルギー体質の傾向が強い人がかかることが多く、特にハウスダストにアレルギーのある

子供の7割から8割は、花粉症も患っているんです。


スポンサードリンク

また花粉症は遺伝要因もあり、両親が花粉症を発症している場合、4割の子供が花粉症を

発症していて、両親が花粉症を発症していない場合には、1割の子供が花粉症を発症する

という調査結果があるんです。また子供でも第1子は、第2子、第3子と比べて

アレルギー体質になりやすいという仮説もあるんですよね。

子供の花粉症は市販薬で対処してはダメ?

子供の花粉症を市販薬で対処できるかどうかですが、まず子供用の抗ヒスタミン薬

販売されています。なので病院に診察できない時の一時対応として使用するのは良いですが、

根本的な治療にはならないので、やはり、食生活や生活習慣を改善することが花粉症の

根本的な対策に繋がりますよ。

 

また花粉症薬のアレグラは副作用が少なく、効果も実感できる人が多いので評判ですが、

アレグラの市販薬は小さな子供には使用できません。というのもアレグラの市販薬は、

15歳以上の成人が対象となっています。アレグラ60mgと30mgとありますが、アレグラの

市販薬は60mgで、15歳未満の子供には30mgを服用しないといけないので、このような

ことからも、アレグラの市販薬は子供に使えないんですね。

アレグラについては、以下を参考にしてみてください。

花粉症の薬アレグラの効果は?副作用はある?効かない理由は?
花粉症の薬として現在主流になっている第二世代の抗ヒスタミン薬。その中でもアレグラは 花粉症にとても効果的だと話題です。そ...

まとめ

子供の花粉症対策は、食生活と生活習慣の見直しが一番です。最近では花粉症が低年齢化

してきていて、遺伝要因もありますが、花粉の増加や他のアレルギー症状を

持っているため、花粉症にかかりやすいのが原因と言われています。子供に辛い思いを

させないよう適切な対策をとって、花粉症を改善してあげてくださいね^^

スポンサードリンク

 - 生活 ,