よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

花粉症薬クラリチンの効果は?副作用はある?効かない場合は?

   

花粉症
 

花粉症薬のクラリチンは、アレルギーによる鼻炎などの症状を緩和する抗ヒスタミン薬

ですが、花粉症の症状に対しての効果や副作用はどうなのでしょう。またもし効かない場合の

対処どうするのか、今回は花粉症薬のクラリチンの効果や副作用、そして効かない場合の

対処について、あなたにお伝えします。

スポンサードリンク

花粉症薬クラリチンの効果は?

花粉症薬クラリチンの効果ですが、クラリチンは花粉症などのアレルギー性鼻炎の症状を

緩和する薬として用いられるのですが、他にもじんましんやアトピー性皮膚炎など皮膚疾患

にも効果を発揮するんですね。その効果を発揮してくれる成分が、ロラタジンというもので、

花粉症の原因となっている、成分ヒスタミンのかつどうを抑制してくれるんです。

 

クラリチンは効果の特徴としては、花粉症の症状を抑える効果の持続時間が長いので、

初期療法として最適な花粉症薬となるんです。クラリチンは1日1回の服用なので、1回の

服用で1日中効果が持続するんですよね。ただ花粉症薬の中では一番弱い薬で、クラリチンは

同じ花粉症薬のアレジオンやザイザルよりも弱いんです。しかし、効果が弱い分眠気の作用は

ほとんどなく、時間と場所を選ぶ心配もないんですね。

 

またクラリチンは1日1回の服用で良いことからも、服用が楽な上に、レディタブ錠

といって水なしでも服用することができるタイプのクラリチンがあって、日常生活が

忙しいのであれば、レディタブ錠を服用するなど、クラリチンは使用感が良いんですよね。

このレディタブ錠は水なしで服用できるというだけで、効果に違いはありません。

 

また1日の薬価がアレグラやザイザルよりも安いため、コスト面でも良い薬ですよ。ただ

クラリチンはアレグラより即効性があると言われる場合もありますが、大体効果が顕れる

まで2時間程度かかります。前述したように効果は弱いため、花粉症の症状が

発症してから飲んでも、効果がなかなか実感できない可能性があるので、前もって

服用しておくのが望ましいですね。

花粉症薬クラリチンの副作用はある?

花粉症薬クラリチンの副作用ですが、結論としてはほとんどありません。鼻炎薬によく

見受けられる眠気の副作用の心配はほぼなく、自動車の運転の時でも問題なく

服用できるので、眠気が心配ならクラリチン服用すれば、眠気の心配は必要ありませんよ。

また花粉症薬でクラリチンよりも眠くならない花粉症薬は無いので、効果は弱いですが、

眠気の副作用はほぼ無いといったところでしょう。


スポンサードリンク

前述ではクラリチンの副作用はほぼ問題ないとお伝えしましたが、とは言っても、薬ですので

副作用が100%起きないという保証はありません。ただ海外の臨床試験ので、パソコンでの

数字入力作業や自動車運転能力の試験、パイロットを対象にしたフライトシミュレーション

試験のどれもで能力の低下は見受けられなかったようで、このことからもクラリチンは

パイロットも眠くならない、と言われているんですよね。この臨床試験からも、クラリチンを

服用して眠気が起きることは、限りなく低いという事が実感できるのではないでしょうか^^

花粉症薬クラリチンが効かない場合は?

花粉症薬クラリチンは効果が花粉症役の中で一番弱いです。個人差もあるので、効果を

実感できない場合もあるのですが、もしクラリチンを服用して効果を実感できない場合には、

クラリチンの服用を止めて、花粉症薬を変えるのが良いですね。

 

クラリチンは効果が実感できなかったけど、眠くなるのは心配というのなら、クラリチンの

次に副作用が少ないアレグラが良いですよ。アレグラはクラリチンよりも眠気が起きる

確率は高いですが、そうは言っても副作用の少ない薬です。そして効果はクラリチンよりも

強いので、もしクラリチンが効かなかったら、ぜひ一度服用してみてくださいね。

アレグラについては、以下を参考にしてみてくださいね。

花粉症の薬アレグラの効果は?副作用はある?効かない理由は?
花粉症の薬として現在主流になっている第二世代の抗ヒスタミン薬。その中でもアレグラは 花粉症にとても効果的だと話題です。そ...

まとめ

花粉症薬のクラリチンは効果の持続時間が長く、副作用が少ないためとても実用的ですが、

効果が弱いため、人によっては効果が実感しないこともあります。もしクラリチンが

効かないなっておもったのなら、アレグラなど他の花粉症薬に変えてみるのも

1つの対処方法ですよ^^

スポンサードリンク

 - ,