よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

子供の花粉症の見分け方は?いつから出始める?何科を受診する?

   

花粉症
 

子供の花粉症の見分け方は少し違うところがあるんですね。またいつごろから花粉症は

出始めるのか、そして子供を病院に受診させる時に、何科を受診すれば良いのでしょうか。

今回は子供の花粉症の見分け方といつから出始めるのか、そして何科を受診すれば

良いのかをあなたにお伝えします。

スポンサードリンク

子供の花粉症の見分け方は?

子供の花粉症の見分け方ですが、まず花粉症の症状が大人と比べて少し異なるんです。

花粉症の代表的な症状として、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみが挙げられますが、

子供も同じくこれらの症状が出てきます。

 

しかし、子供の花粉症の場合、くしゃみはあまり出ずに鼻づまりが多いんですよね。

これは子供の華は小さく狭いので、鼻がつまりやすく、子供によっては鼻を上手にかむことが

できずに、鼻がつまったままの状態が継続してしまうんですよね。このことから子供の

花粉症は鼻づまりが多いのですが、鼻づまりが多いということは、鼻の奥まで花粉が

侵入することができないため、くしゃみが出にくくなるんですね。

 

また花粉症を発症している子供の特徴として、鼻をむずがって口をもごもごさせたりします。

これは花粉が体内に侵入することで鼻がかゆくなり、鼻のかゆい部分を刺激したいがために、

口を動かしているんですね。子供の場合、自分でどこがかゆいか判断できず、無意識のうちに

このように口を動かすんですよね。また鼻づまりや鼻がかゆい状態がしばらく

続いてしまうと、子供は鼻を必要以上にいじってしまうので、鼻血が出てしまうことも

あるので、十分注意して見守ってあげてくださいね。

 

もうひとつの特徴として、大人の花粉症の症状の鼻水は無色でサラサラしているのですが、

子供の場合には、鼻水が少し粘り気があるんですね。これは花粉症と風邪の症状を

見分けるときに、鼻水の状態を見てサラサラしていたら花粉症、粘り気があったら風邪、

というのが、大人の花粉症の見分け方なのですが、子供の場合にも当てはめてしまうと、

風邪だと思ってしまうんです。したがって、花粉症かどうかを鼻の症状での見分ける

時には、注意してくださいね。

 

このように子供の花粉症の見分け方は、花の症状以外で見分けるようにしてください。

例えば目のかゆみや充血、目のまわりのむくみなどは、大人と同じで子供は目の症状が

出ることが多いので、目の症状が現れているのいなら、花粉症を疑ってみましょう。

また日常生活においても見分けることができますよ。それは日中元気がなかったり、食欲が

なかったりする場合には、花粉症の症状が原因の可能性があるので、お子さんをよく

観察してみてくださいね。もし気になるようでしたら、病院を受診しましょう。

一般的な花粉症の見分け方は、以下を参考にしてみてくださいね。

花粉症症状見分け方は?セルフチェックをするには?個人差は?
花粉症の症状は風邪の症状と似ています。またセルフチェックをして花粉症の度合いを 測ったり、個人差について知ることで花粉症...

子供の花粉症はいつから出始める?

花粉症は低年齢化していることもあって、花粉症は早いお子さんで、生後数ヶ月から

1歳までの間に出始めるケースもあるんですよね。もし生まれたばかりの赤ちゃんが、目を

こすったり、湿疹など皮膚の疾患が現れたら、花粉症の可能性がありますよ。


スポンサードリンク

また子供の発症年齢で一番多いのは5歳で、次に3歳、6歳と続きます。そしてその親の

子どもが花粉症だと実感しているのは、3割近いんですよね。このことからも花粉症の

低年齢化が進んでいるとも言えそうです。また両親が共に花粉症の場合には、子どもの

花粉症の発症率は高くなるんです。これは遺伝が要因とも言えそうですよね。特に

アレルギーに弱い家系なら、子供が花粉症を発症する確率は高いでしょう。

子供の花粉症は何科を受診する?

花粉症の見分け方やいつごろから発症するのかをお伝えしましたが、一番的確なのは、

病院で受診することです。では、どの科で受診すればよいか、ですが、子供だから

小児科なのか、鼻の症状があるから耳鼻咽喉科なのか、目の症状が出ているから眼科なのか

迷うところですが、子供の症状で受診する科を判断しましょう。

 

まず小児科は診察の基本が問診と触診です。鼻の奥の状態も目視で確認する程度なので、

明らかに花粉症の症状が出ていると分かっているのなら、耳鼻咽喉科を受診するのが

良いでしょう。ただ鼻の症状の原因がウイルス性のものであったり、高熱が伴っている

場合には、花粉症の可能性が低いということもあるので、小児科で総合的に診察して

もらったほうが良いですね。また病院にもよりますが、小児科でも血液検査による

アレルギー反応の検査を受けられる場合があるので、その場合には小児科でも

問題ないですよ。

 

このように症状や病院によって変わってくるので、一度病院に問い合せてみるのが

ベストですね。また小児科でもアレルギー科を併設している病院もあるので、小児科の

アレルギー科を受診するのでも全く問題はありませんが、花粉症だけなら耳鼻咽喉科でも

どちらでも良いということになりますね^^

まとめ

子供の花粉症の見分け方は、子供の行動や日常生活を見ていくことである程度

判断できます。ただ一番確実で血液検査のことも考えれば、一番は病院で診察を受ける

ことですので、血液検査の受けられる病院か、あるいは耳鼻咽喉科を受診すれば

間違いないでしょう^^

スポンサードリンク

 - 生活 ,