よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

食中毒の症状で発熱のあるタイプは?期間は?対処法はこれ!

      2016/09/30

食中毒症状の中には発熱があり、食中毒の原因となるもので発熱の症状が起きるんです。

さらに発熱の期間も原因となる菌やウイルスなどによって変わります。この食中毒で発熱の

症状が出た場合の対処法としてポイントがあるんですよね。今回は食中毒の症状である

発熱について、またその期間や対処法についてあなたにお伝えします。

 

食中毒の症状で発熱のあるタイプは?

食中毒

食中毒の原因となる菌やウイルスによって発熱の症状が起こるんですが、発熱の症状が起こる

原因となるものをお伝えします。まずサルモネラ菌で、発熱の症状が出る原因菌としては

代表的なんですよね。サルモネラ菌による食中毒はこの発熱、特に高熱が出る事が特徴で、

大体38度くらいまで上がり、酷い場合には40度近くまで上昇することもあるんですね。

 

次に発熱の症状が出る原因菌はO157。O157も発熱を伴いますが、ただO157原因の

食中毒の場合には、発熱よりも嘔吐や腹痛の方が発症しやすく、重症化すると血便の症状も

現れますよ。次に発熱の症状が出る原因菌はカンピロバクター菌。このカンピロバクター菌も

発熱が起こり、主に井戸水などの殺菌処理がされていない飲料水が原因になることが

多いので、殺菌処理が不十分な飲料水には十分注意してくださいね。

スポンサードリンク

 

次に発熱の症状が出る原因のウイルスはノロウイルス。ノロウイルスが原因の食中毒も発熱を

発症しますが高くても38度で、高熱になることはありません。それよりも下痢や嘔吐、

腹痛といった、まさに食中毒の代表的な症状が顕著に発症するんですね。ちなみに

ノロウイルスは感染するので、二次感染にも注意してくださいね。

 

次はエルシニア菌。あまり馴染みのない菌だと思いますが、このエルシニア菌も発熱を

発症します。殺菌処理が不十分な飲料水や生の豚肉などから感染し、エルシニア菌は

0度~4度程度の低温でも繁殖してしまうため、冷蔵庫の中で菌が増殖し、他の食品に

感染してしまう恐れがあるんですね。発熱は38度以上の高熱になることもあり、重症化

すると脳や内蔵にも障害をもたらす恐れがあるんですね。

 

最後に、日本ではほとんど発生しないですが赤痢菌です。衛生環境が発達していない

地域などによく発生する菌で急激な発熱が特徴で、他にも食中毒の代表的な症状である下痢や

腹痛も伴います。ただ現在は医学の進歩もあり、それほど驚異ではないようですね。

食中毒の症状の発熱の期間は?

食中毒,発熱

食中毒の症状の発熱の期間も原因となる菌やウイルスによって異なります。サルモネラ菌の

場合には、感染してから大体12時間から72時間のあいだに発症し、2、3日から数日の間で

発熱を始め食中毒の症状は治まりますよ。O157の場合は、感染してから4日から2週間の

間に発症して、平均で2、3日で食中毒の症状は治まります。

次にノロウイルスですが、感染して1、2日で発症して、平均で3日間で食中毒の

症状は治まります。そしてエルシニア菌ですが、感染してから大体4日から6日程度で発症し、

一般的には約1ヶ月程で食中毒の症状は治まります。潜伏期間については以下も参考に

してみてくださいね。

843b183a74436ace3e26de1db628c4a9_s食中毒の症状の潜伏期間は?どれくらいの期間で完治?検査は?
食中毒の症状が発症するまでの期間は、原因となる食中毒菌やウイルスによって違ってきて、 それぞれ潜伏期間があるんですね。また完...

食中毒の症状で発熱の対処法はこれ!


スポンサードリンク

食中毒の症状の発熱対処法ですが、一番はこまめな水分補給です。これは発熱とともに嘔吐や

下痢を併発することがほとんどなので、それらによって脱水症状を防ぐためなんですね。

水分を補給する際には、焦らずゆっくりと1口ずつ飲みましょう。また菌やウイルスに

よっては感染することもあるので、布団の共有は避けましょうね。

 

そして発熱時に解熱剤を使用したくなるかもしれませんが、出来る限りは自然回復するまで

待つほうが良いです。というのも、あなたの体内で体が細菌と戦っているから高熱が

出ているので、解熱剤を使用することでその戦いを邪魔してしまい、結果的には回復が

遅れてしまうことがあるんですよね。発熱しているあいだは、一般的な風邪の発熱と同じで

汗もかくので、汗で体を冷やさないように、こまめに衣服を着替えたり、

汗を拭くようにしましょうね。

まとめ

食中毒によって発熱するのは菌やウイルスの種類によって異なり、

それは発症する期間、回復する期間も菌やウイルスによって違います。

対処法としては脱水症状を防ぐために水分補給が一番ですよ^^

スポンサードリンク

 - 症状 ,