よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

食中毒の症状でかゆみや湿疹はあの疑いが?むくみは別の原因が?

   

食中毒
 

食中毒の症状の中にはかゆみや湿疹があるんですが、これはある成分が原因とされることが

多いんですよね。また食中毒から回復した後に体がむくむことがあるんですね。

これは一体なぜなのでしょうか。今回は食中毒の症状のかゆみや湿疹、そしてむくみについて

あなたにお伝えします。

スポンサードリンク

食中毒の症状でかゆみは?

食中毒の症状でかゆみを伴う場合があるんですが、何科を食べてかゆみが生じると、食べ物の

アレルギーのように思われますが、もう一つヒスタミン食中毒の可能性があるんです。

ヒスタミン食中毒とは、花粉症などアレルギー症状を引き起こす原因となるヒスタミンなどの

炎症誘発物質がたくさん含まれている食べ物を食べた時に、そのヒスタミンが体に反応して、

アレルギーと似た症状を引き起こすんですね。

 

このヒスタミンが多く含まれている食べ物を仮性アレルゲンと呼ぶのですが、

仮性アレルゲンの食べ物は色々あるのですが、いくつか挙げてみると、山芋、餅、鮮度の

悪い青魚、トマト、チーズ、ワイン、ソバ、チョコレート、カニやエビなどの甲殻類、

ピーナッツ、たけのこなどがあり、まさに食物アレルギーのような感じですよね。

 

仮性アレルゲンの症状としては、例えば餅を食べ過ぎて全身がかゆくなったり、チーズを

食べたり、ワインを飲むと鼻腔が腫れて呼吸しづらかったり、山芋を食べると口周りが

痒くなったりなど、よく聞くような症状もあります。これがヒスタミン食中毒の

症状なんですね。

 

ここでアレルギーか食中毒かの見分け方をお伝えします。まずそもそもアレルギーとは、

本来害のない食べ物を体内に取り込んだ時に、体がその食べ物を異物と認識してしまい、

異物を体から排除するために、過剰な免疫機能によって起こる色々な反応の事なんです。

異物とみなした物質を体内から排除しようとする際に、ヒスタミンなどの物質が

放出されて、炎症を誘発してしまいます。これがかゆみや鼻炎などのアレルギー症状の

正体なんですよね。

 

このようにアレルギーとヒスタミン食中毒は、ヒスタミンや現れる症状がほとんど

同じなので、一般人が見分けることはとても難しいんですよね。したがって一番の方法は

血液検査なんです。昔から同じものを食べるとかゆみなどの症状が発症すると

分かっているのであれば、ある程度判断することはできるでしょうが、それでも確実とは

言えず、安易な判断はアナフィラキシーショックを引き起こす可能性もあるので、

自己判断せずに特定の食べ物を食べて、かゆみなどの症状を発症した場合には、血液検査や

治療を行い医師の指示を仰ぎましょう。

 

特定の食べ物でかゆみなどの症状を発症したのであれば、その食べ物には注意が必要ですが、

しっかりと血液検査を行い、結果アレルギーではないのであれば必ず避けなくてはならない

ということではないので、精神的な負担も減るのではないでしょうか。

食中毒の症状で湿疹は?

食中毒の症状で湿疹が起きた場合もヒスタミン食中毒の疑いがありますよ。一般的には特定の

食べ物を食べて1時間以内には、前述したようにかゆみや湿疹が起きます。他にも顔や

耳たぶ、口の周りが赤くなったり、頭痛や吐き気、下痢など、食中毒の代表的な症状も

発症することがあるんですよね。これを放置して重症化させてしまうと、呼吸困難や意識の

喪失もあるんです。ヒスタミン食中毒で命を落とした人はいないですが、しっかりと注意、

対処する必要がありますよね。


スポンサードリンク

ヒスタミン食中毒を起こしやすい食品としては、赤身の魚やその加工品がほとんどで、

その中で一番多いのがカジキで、次にマグロ、ブリと続きます。また海外では鶏肉やハム、

チーズが多いようですね。何故赤身の魚が原因になるかというと、まず赤身の魚に多く

含まれているヒスチジンという物質があるんですが、ヒスタミン産生菌という酵素の働きで、

ヒスタミンに変化し、このヒスタミンを100ミリグラム以上食べると、食中毒を

発症するんですね。

 

前述したようにヒスタミン食中毒とアレルギーは、似たような症状を発症しますが、

ヒスタミン食中毒はあくまで、ヒスタミンが含まれている食べ物を食べたことが原因と

なるので、アレルギー体質を持っていようが、持っていなかろうがヒスタミン食中毒は

かかりますよ。したがって、アレルギー体質ではないから、といって安心できるものでは

ないんですね。またヒスタミンは加熱しても分解されることはなく、一度ヒスタミンが

生成されてしまうと、増加することはあっても減少することはありません。

 

このようにまずヒスタミンを多く含んだ食べ物を避ける、ということが大事なんですが、

ヒスタミンを増やさないようにすることも大切ですよ。生の赤身の魚は常温で放置すると、

ヒスタミンが増加します。また冷蔵庫で保管しても長期間だとヒスタミンの量が増えて

しまうので、出来るだけ早く食べてしまうことがポイントですね。また凍結と解凍の

繰り返しもよくありません。

 

ここでヒスタミンが多く含まれている食べ物の見分け方についてお伝えしますね。実は外見や

臭いの変化はないので、見た目では判断できないんです。判断できるのは食べた時で、もし

スパイスなどが原因ではなく食べて舌がピリピリしたら、それはヒスタミンが大量に

できているサインなので、食べるのは止めてくださいね。

食中毒の症状むくみは回復後に現れる?

食中毒の症状にはむくみもあるんです。これはO157やカンピロバクター菌が原因の

食中毒で起こる可能性のある症状ですが、実は食中毒が回復した時にむくみが起きるんです。

食中毒の症状の下痢や嘔吐でから回復した後に、背中全体がむくむことがあるんですが、

むくみを押すと中に固いしこりのようなものができていて、背骨の両脇に何個も

確認できるんです。

 

実はこれは内臓の疲れと同時に冷えてしまったことが原因なんですよね。また脈や身体の

元となる栄養素が、下痢や嘔吐などの食中毒の症状によってかなり弱くなってしまいます。

この症状は食中毒以外でも大病から回復した時にも見られる症状で、安静にしていれば

身体的にも精神的にも回復していくので、そのむくみも回復しますが、お灸で対処する

ことも効果的ですよ。

まとめ

かゆみの症状が出たら、それはヒスタミンによる食中毒が原因の可能性があります。

ヒスタミン食中毒はアレルギーと症状が似ていますが、ヒスタミンが大量に含まれた食品を

食べることで誰にでも発症する食中毒です。一番はヒスタミンが多く含まれている食べ物を

食べない事、またヒスタミンの量を増やさないよう食べ物を管理することです。

もし気になるようだったら、病院で血液検査を受けて適切な対処をしましょうね^^

スポンサードリンク

 - 症状 ,