よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

食中毒の症状の原因は色々?治し方はこれ!個人差がある?

      2016/03/26

食中毒
 

食中毒の症状の原因は腐った食べ物などが原因になることが多いのですが、それだけではなく

色々あるんですよね。しかし食中毒の症状の治し方は大体同じなんですよね。また食中毒の

症状には個人差もあるんですよ。今回は食中毒の症状の原因と治し方、そして個人差について

あなたにお伝えします。

スポンサードリンク

食中毒の症状の原因は色々?

食中毒の代表的な症状には腹痛や下痢、嘔吐がありますが、その原因となるのは腐った

食べ物などが想像するかと思います。しかし、腐った食べ物だけでなく、加熱処理が不十分な

食肉や殺菌処理が不十分な飲料水などからも食中毒は起きるんですよね。これは食中毒の

原因物質によるもので、細菌やウイルスなどが当てはまります。体内にこれらの細菌が

入り込んで、食中毒の症状を引き起こしますが、体外に排出されれば回復します。ただ

中には呼吸困難や意識障害など、重症化するケースもあるので注意が必要ですよ。

 

食中毒の症状を引き起こす原因物質の中で多いものを、いくつかあなたにお伝えしますので、

もし食中毒の症状が顕れたときに何の菌、あるいはウイルスが原因の食中毒で、何の食べ物、

あるいは飲み物が原因だったのかを判明する参考にしてみてくださいね。

 

まず食中毒の中で一番多く件数が出ているのがカンピロバクターカンピロバクターは主に、

食肉、特に鶏肉が原因となることが多く、また井戸水など殺菌が不十分な飲料水などからも

感染する可能性があるんです。症状としては下痢や腹痛など食中毒の代表的な症状の他に、

頭痛や倦怠感も生じるんですね。カンピロバクターは経度と重度の差がかなりあるのが

特徴ですよ。カンピロバクターについては、以下も参考にしてみてくださいね。

カンピロバクターが原因の食中毒の治療法は?症状は?うつる?
食中毒の原因菌で一番多いと言われているのがカンピロバクター菌です。この カンピロバクターが原因の食中毒の治療法や症状はどう...

 

次に多いのがサルモネラ菌です。サルモネラ菌は主に食肉や卵が原因となることが多く、

オムレツなど卵を原材料とした食品や、レバ刺しなどからも感染することがあるんですね。

症状は嘔吐から始まり、数時間後には腹痛や下痢などの症状が現れます。特に38度以上の

高熱を出すことが特徴です。サルモネラ菌については、以下も参考にしてみてくださいね。

サルモネラ菌の食中毒の治療法は?潜伏期間は?感染源は何?
サルモネラ菌が原因の食中毒はカンピロバクターに次いで多く、サルモネラは自然界の色々な 環境に生息していて、特に家畜が保有...

 

3番目に多いのが黄色ブドウ球菌です。黄色ブドウ球菌は主に弁当やおにぎりなど穀類や

穀類の加工品が原因となることが多く、指先などの傷が化膿してその指で食材を汚染する

という感染経路が多いんですね。症状は腹痛や下痢など食中毒の代表的な症状で、

熱が出ることはほとんどありませんよ。

 

また黄色ブドウ球菌の他に発熱の出ない症状の菌では、腸炎ビブリオとウェルシュ菌

あります。腸炎ビブリオは主に魚介類が原因となり、刺身や寿司などが当てはまります。また

二次感染した野菜の一夜漬けも原因となることがあるんですよね。症状は腹痛や下痢など

食中毒の代表的なものですが、特に腹痛は上腹部が痛くなるのが特徴です。大抵は

5、6時間で快方に向かいますよ。ウェルシュ菌は主にカレーやシチューなど肉類、

魚介類、野菜を使用した煮物類が原因となることが最も多く、特に大量に調理した場合には

発生しやすいですよ。症状は腹痛、下痢、嘔吐と代表的な症状です。

 

またテレビなどでよく耳にするO157やノロウイルスも、食中毒の原因となるんですよね。

O157は主に食肉で汚染された食肉の加工品が対象となるので、あらゆる食べ物が原因と

なりえるんです。症状は食中毒の代表的な症状の他に、38度以上の高熱や血便を発症する

こともあり、乳児や子供では命を落とすこともあるので注意が必要ですよ。また

ノロウイルスは主に牡蠣などの二枚貝が原因となります。症状は下痢や嘔吐など食中毒の

代表的な症状ですが、どれも軽症になることが多いんですね。ただ抵抗力の弱い人や

弱っている人がかかると重症化する恐れがあるので気をつけてくださいね。

 

このように食中毒の症状の原因となる菌やウイルスの中で、特に原因となることが

多いものをお伝えしましたが、これら細菌やウイルスが入り込んでしまう食品はそれぞれ

違います。また症状はほとんど腹痛、下痢、嘔吐ですが、中には発熱を伴うものや重症化して

しまうものもあるので、適切な対処をするか病院で診察を受けてくださいね。

食中毒の症状の治し方はこれ!

食中毒の症状の治し方ですが、実は食中毒の多くは自然回復によるものです。体内に

入り込んでしまった菌やウイルスのせいで、食中毒の症状が現れるのですが、逆に下痢や

嘔吐など食中毒の症状によって、体内に入り込んだ菌やウイルスを体外に排出して

いるんですよね。ですので、次第に食中毒の症状は治っていきます。しかし排出した分、

脱水症状の危険があるので、水分補給は必ずしてくださいね。その際は水よりも

スポーツドリンクが良いでしょう。


スポンサードリンク

また食事は胃腸に負担をかけないために、消化の良いものにしてくださいね。例えば、

おかゆやヨーグルトなど胃腸に優しい食べ物が良いでしょう。また市販薬は絶対に

服用しないでくださいね。吐き気止めや下痢止めの市販薬を服用することで、体内に

入り込んだ菌やウイルスを排出するための下痢や嘔吐を抑制してしまうことになり、

結果的に回復を遅らせてしまい、食中毒の症状を長期化させてしまうんですよね。

 

もし呼吸困難や意識障害など重症化した場合には、速やかに病院で診察を受けてください。

特に乳児がO157が原因のの食中毒にかかってしまうと、腎不全などの重症化することが

あるので、下痢や嘔吐が激しい場合や、お子さんなど体力、抵抗力の弱い人が食中毒になった

場合には、迷わず病院で診察を受けてくださいね。

食中毒の症状には個人差がある?

食中毒の症状には個人差があります。これは食中毒の潜伏期間や症状には、その原因となる

菌やウイルスによって差がありますが、体力や抵抗力など個人差もあるので同じ原因菌で

あっても、潜伏期間や症状には差が出てきます。食中毒の症状の潜伏期間については以下を

参考にしてみてくださいね。

食中毒の症状の潜伏期間は?どれくらいの期間で完治?検査は?
食中毒の症状が発症するまでの期間は、原因となる食中毒菌やウイルスによって違ってきて、 それぞれ潜伏期間があるんですね。また完...

 

ちなみに中には同じ食べ物を一緒に食べても、食中毒になる人とならない人がいたり

しますが、これは原因がウイルスの場合であれば、ウイルスに対する免疫を持っている人も

いたり、胃酸が強く菌やウイルスを、強く殺菌してしまうことができる人もいたりします。

また腸に常在している細菌が強いと食中毒になりにくいので、この辺も個人差が出る

要因ですよね。しかし100%食中毒にならないという保証はないので、気をつけるに

越したことはありませんよ。

まとめ

食中毒の症状の原因は菌やウイルスによって様々ですが、その中でも生肉が原因となることが

多いです。また食中毒の症状の治し方は基本的には自然治癒なので、水分補給を忘れずに

安静にして回復を待ちましょう。もし重症化した場合やお子さんなど体力の弱い人が食中毒に

かかった場合には、速やかに病院で診察を受けましょうね^^

スポンサードリンク

 - 症状 ,