よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

キノコが原因の食中毒の症状は?酸っぱいのは危険?治療は?

   

食中毒
 

きのこによる食中毒は、誤って毒きのこを食べたことで起こるのですが、きのこが原因の

食中毒はどんな症状なのでしょうか、また酸っぱいきのこは大丈夫なのか、その治療法は

どうすれば良いのでしょうか。今回はきのこが原因の食中毒の症状や、治療法について

あなたにお伝えします。

スポンサードリンク

きのこが原因の食中毒の症状は?

きのこが原因の食中毒は毒きのこは誤って食べたことで発症します。その症状は毒きのこの

種類によって様々で消化器系の障害や腎臓の障害、神経系の障害もあり更には脳症を

引き起こす毒キノコもあるんですよね。まず毒きのこでの食中毒の症状の中で一番多い

消化器系の障害についてお伝えします。

 

消化器系の障害はきのこが原因の食中毒の症状の中で7割を占めていて、食べてから

30分から3時間後には、腹痛、下痢、嘔吐など、食中毒の代表的な症状を引き起こし、

時には血便が激しく出ることもあるんですよね。この原因となる毒きのこは主に

クサウラベニタケ、ツキヨタケ、カキシメジなどによるものです。

 

また腎臓障害が起きる毒きのこにドクツルタケやタマゴテングタケ、コタマゴテングタケなど

がありますが、これらは猛毒で毒きのこによって命を落とした件数の9割はこれらに

よるもので、特にドクツルタケは多いんですよね。これらを食べてから10時間から

20時間後には、酷い腹痛と下痢、嘔吐を発症し、それによって脱水症状になったあとに肝臓や

腎臓に障害が起きてしまうんです。

 

またきのこ自体は食用で安全なのですが、アルコールを摂取したことにより食中毒を起こす

ものもあるんです。これはヒトヨタケやホテイシメジが当てはまるのですが、このきのこの

成分にコプリンとデセン酸という成分があって、これらが肝臓でのアルコールの分解を

妨害してしまい、飲酒してから30分から60分後には頭痛や動悸、そして顔から胸にかけて

赤くなります。二日酔いのような症状が現れるんですよね。つまり組む合せが悪く、悪酔い

してしまうので注意してくださいね。

 

またきのこの食中毒は腹痛や嘔吐など消化器系の生涯だけでなく、神経系の障害

あるんです。アセタケやカヤタケなど白い小型のキノコを食べたあと、10分から30分後と

割と早い段階で、発汗やよだれ、瞳孔の縮小、血圧の低下が起き、ひどい場合には

呼吸困難に陥ります。またベニテングタケやハエトリシメジなどは、食べてから30分から

60分後に短時間の睡魔に襲われ、その後、めまいや痙攣などの症状を発症します。

重症化すると幻覚を見たり、精神錯乱したりし、意識不明の状態になることもあるんです。

 

そして幻覚作用といえば、オオシビレタケやヒカゲシビレタケ、ワライタケを食べると

発症します。こちらも食べてからら30分から60分後に幻覚を始め、めまいや言語障害、

知覚麻痺も起きて、意識不明に陥ってしまうんです。ただこれらは2002年に法令によって

所持が禁止されているんですね。

 

今までお伝えした症状は食べてから、発症するまで1日以内と割と早く症状が現れましたが、

ヤブシメジは食べてから早いと数時間以内で、潜伏期間が長い場合には4、5日過ぎに

発症します。症状は手足の先端が激痛を伴って腫れていくのですが、発症している期間は

1ヶ月以上にもなるんです。またカエンダケは食べてから30分から2時間後には嘔吐や下痢の

他に、脱毛や顔や手足の粘膜の表面がただれて、皮膚の下の組織が露出し、腎不全や

脳障害など症状を引き起こします。またスギヒラタケが原因と思われる急性脳症も

発生しているので、食べないようにしてくださいね。

 

このようにきのこの食中毒の症状は、きのこの種類によって幅が広く、食中毒の代表的な

症状から、麻痺や幻覚、ひどい場合には呼吸困難や意識障害など命に関わることもあるので、

疑わしかったら食べないようにしてくださいね。

きのこが酸っぱいのは食中毒?

前章でお伝えしたのは主に毒きのこで、食用のきのこではありません。しかし、もし食用の

きのこで酸っぱいと感じたのなら、それは腐敗の前兆ですよ。きのこの味が若干酸っぱいと

感じたのなら腐りかけなので、胃腸が丈夫な人は食べても平気かもしれませんが、食中毒に

なるリスクは十分にあるので、捨てたほうが賢明ですね。ちなみに酸っぱさに加えて、

ヌメリや臭いもしているようだったら、そのきのこは完全に腐っています。

こちらも有無を言わさず捨てましょうね。


スポンサードリンク

きのこが原因の食中毒の治療法は?

もしきのこが原因の食中毒になってしまったら、まず病院で診察を受けてください。きのこの

食中毒の大抵の初期症状は、胃の膨張感や不快感など胃の違和感です。胃の違和感を

感じたのなら速やかに、胃の洗浄ができる設備がある病院を受診してくださいね。いかに早く

診察を受けるかが重要です。また胃腸薬や下痢止めなどの薬の服用は避けましょう。

 

また予防法としては毒きのこを食べないこと、になりますよね。普段は食べてしまう機会も

ないと思いますが、きのこ狩りをした時にはくれぐれも気をつけてくださいね。毒きのこを

間違って食べてしまわないように、知らないキノコは、採らない、食べない、人にあげない。

この3つの原則を守ってくださいね。また色が鮮明なものは毒で、おだやかな色のものは

食べられるなどの、毒きのこの都市伝説というか俗説がありますが、

これも信じてはいけませんよ^^;

まとめ

きのこが原因の食中毒は毒きのこを誤って食べたことによって起こり、その症状は毒きのこの

種類によって色々あります。食用のきのこでも食べて酸っぱいと感じたのなら必ず食中毒に

なるとは限りませんが、食べるのを止めるのが賢明ですよ。この食中毒の治療は医療機関で

適切な治療を受けることが大切なので、勝手な自己判断で薬を飲むようなことはせずに、

病院を受診しましょうね^^

スポンサードリンク

 - 食事 ,