よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

ブドウ球菌の食中毒の感染経路は何?潜伏期間は?薬は必要?

   

食中毒
 

ブドウ球菌の中で食中毒を引き起こす黄色ブドウ球菌は、健康な人でも保有している場合が

あるのですが、感染経路はいったい何でしょうか。また治療に薬は必要なのでしょうか。

今回はブドウ球菌の食中毒の感染経路や潜伏期間について、また薬が必要かどうかについて

あなたにお伝えします。

スポンサードリンク

ブドウ球菌の食中毒の感染経路は何?

黄色ブドウ球菌の食中毒の感染経路ですが、そもそも黄色ブドウ球菌は健康な人でも皮膚や

鼻の中に保有しているごく一般的な菌で、普通はほかの最近が多く存在している食材に

増殖することはないんですよね。これは黄色ブドウ球菌は他の細菌と競合できないから

なんですね。黄色ブドウ球菌の食中毒を引き起こす食べ物は、加工するときや調理するときに

手で触れられた高タンパク質の食品が挙げられます。

 

高タンパク質の食品とは例えば発酵食肉やチーズとか。一般的に出回っている発酵食肉や

チーズはほとんど心配ないと思いますが、発酵が上手く進行しなかった場合には感染源に

なりえるんですよね。またクリームも加工段階で手で触れられてしまい、黄色ブドウ球菌に

汚染される事がありますが、同時に糖分によって黄色ブドウ球菌の増殖が抑制されることも

あります。また加工段階で手に触れるような衛生上問題のあるような製品は、通常は

ほとんど無いはずなので、個人的な見解はそれほど心配する必要はないかと思いますね。

 

そして鶏肉や卵、魚介類も黄色ブドウ球菌の感染経路となることがあります。これは調理する

ときに手で触れられたり、調理してから食べるまでの間に適切な温度で保存されていない

状態だと、黄色ブドウ球菌の発生源となってしまうことがあります。また乾燥パスタ

感染経路となったことがあるんです。これは感想生地を作る時の温度が、黄色ブドウ球菌が

増殖する事に適した温かい温度の中で作られるからなんですよね。また設備の衛生管理が

難しい事も理由の一つのようです。

 

では、感染経路を踏まえたうえで、感染を防ぐにはどうしたらよいかですが、

黄色ブドウ球菌の感染、増殖を防ぐには、食材の温度管理が一番のポイントで、常温で

保存するのではなく、必ず低温保存するようにしてくださいね。また調理者の衛生意識

重要で、調理者から食べ物に感染する事が多く、黄色ブドウ球菌が食べ物に感染してしまい、

毒素のエンテロトキシンを作り出してしまった後だと、たとえ加熱調理したとしても効果が

ありませんよ。エンテロトキシンは熱に非常に強く、100度でも分解されないんです。

 

ちなみに黄色ブドウ球菌が増殖可能な温度の範囲は7度から48度の間で、毒素の

エンテロトキシンが発生するのは、10度から48度の間なので、低温保存がいかに

重要かが分かるのではないでしょうか。調理者の衛生意識と食品の温度管理を徹底して、

食中毒を出さないようにしましょうね。黄色ブドウ球菌が原因の食中毒については、以下も

参考にしてみてくださいね。

食中毒ブドウ球菌の場合の治療方法は?症状は?原因はなに?
ブドウ球菌は現在約40種類に及びますが、食中毒の原因となるのは 黄色ブドウ球菌なんです。この黄色ブドウ球菌による食中毒は...

食中毒ブドウ球菌の潜伏期間は?

黄色ブドウ球菌の潜伏期間ですが、通常は1時間から5時間の間で、大体3時間くらいが

平均です。この潜伏期間は短い方でウイルスや細菌によって、潜伏期間は違いますが、

黄色ブドウ球菌のように潜伏期間が短いと、食後数時間で発症し、長いと1週間位の

潜伏期間もあるんです。


スポンサードリンク

黄色ブドウ球菌は潜伏期間も短いですが、回復するまでも短く、大体は1日で回復します。

長くても数日なので免疫力があり、なおかつ水分補給して安静にしていれば、重症化する

ことはないので、それほど深刻に捉え過ぎる必要はありませんよ。ただ免疫力が低下している

場合や無理をすれば、重症化する可能性もあるので、適切な対処を心がけましょうね。

食中毒の潜伏期間については、こちらも参考にしてみてくださいね。

食中毒の症状の潜伏期間は?どれくらいの期間で完治?検査は?
食中毒の症状が発症するまでの期間は、原因となる食中毒菌やウイルスによって違ってきて、 それぞれ潜伏期間があるんですね。また完...

ブドウ球菌の食中毒に薬は必要?

ブドウ球菌の食中毒に薬は必要かどうかですが、まず結論を言えば必要ありません。

というのも、黄色ブドウ球菌の食中毒は、黄色ブドウ球菌が食品中で増殖するときに

作られてしまう毒素のエンテロトキシンを、体内に取り込んでしまうことによって食中毒が

起こります。

 

したがって、エンテロトキシンを抑制する薬、抗菌薬となるのですが、

まずエンテロトキシンはごく微量でも体内に取り込んでしまうと、食中毒を発症してしまう

ことと、前述しましたが、大抵は1日で回復するのでこの二つの点から考えると、

黄色ブドウ球菌の食中毒のために薬を服用するのは、あまり有意義ではない

と言えるんですよね。

 

前章でもお伝えしたように、黄色ブドウ球菌の食中毒を発症した人の多くは安静にして、

自然治癒によって回復していますので、薬を利用するメリットはあまりないでしょう。

むしろコスト面などデメリットの方が多いのではないでしょうか。薬に頼らずに安静に

していれば、通常は翌日ないし2日間で回復するので、自然治癒で食中毒対策した方が

良いでしょう。

まとめ

黄色ブドウ球菌の食中毒の感染経路は食品に手を触れたことによって、または食品の

管理不備によるところが大半です。したがって、調理者の衛生意識と食品の適切な保存管理を

徹底すれば防ぐことができますよね^^

スポンサードリンク

 - 細菌・ウイルス ,