よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

腸管出血性大腸菌の食中毒の予防法は?症状は?原因はなに?

   

食中毒
 

腸管出血性大腸菌の食中毒は血清型で何種類かありますが、ほとんどが血清型O157です。

O157と言えば、集団食中毒の原因菌にもなった危険な食中毒ですよね。そこで今回は

腸管出血性大腸菌の食中毒の予防法や症状、原因についてあなたにお伝えします。

スポンサードリンク

腸管出血性大腸菌の食中毒の予防法は?

腸管出血性大腸菌の中で血清型O157が食中毒の原因のほとんどで、O157を含め

腸管出血性大腸菌は、通常の食中毒対策で予防できるんですね。まず腸管出血性大腸菌は

加熱することで死滅するので、生肉を使った肉料理を避けたり、肉を中心部まで75度で

1分以上加熱することが重要です。したがって、生肉や加熱が不十分な状態で食べないように

しましょうね。また生野菜はよく洗ってくださいね。

 

食品を購入するときには、当たり前ですが新鮮な物を買うようにしましょう。消費期限

確認すれば目安になるのではないでしょうか。また食品を購入した後は、速やかに

冷蔵庫などで低温保存してください。また冷蔵庫内にある食品はよく確認して、早めに食べて

しまうようにしましょう。

 

次に調理の時ですが、調理前には必ず石鹸などで手をよく洗ってくださいね。調理器具は

常に清潔な状態を維持してくださいね。調理器具が汚染されていると、加熱処理済みの

食品にも、調理器具を通して二次感染してしまう恐れがあるので、熱湯消毒や塩素系の

消毒剤などで調理器具を消毒すると良いですよ。食事の時も事前に手を洗って、なるべく早く

食べるようにしてくださいね。常温で長く放置してしまうと、その食品が汚染されてしまう

おそれがあります。また残った食品は清潔な状態の器具容器で保存して、改めて食べる

際には再加熱しましょう。

 

また水質も重要で、井戸水など水道水以外の水を飲んだり、調理に使用する際には、必ず

年1回の水質検査を実施してくださいね。水質検査の結果で飲用に適していなければ、

飲んだり、調理に使用することはできないので、水道水以外の水は水質検査を実施してから

飲んだり、調理に使用するようにしましょうね。

 

前述しましたが、腸管出血性大腸菌による食中毒は、生肉やレバーが原因となることが

多いので、特に子供や高齢者など免疫力が弱い人は十分注意が必要です。また周りの人たちも

意識することが大切なので、あなたの周りに子供や高齢者がいるのなら、気をつけてあげて

くださいね。

 

腸管出血性大腸菌による食中毒の予防法をお伝えしましたが、基本的には他の食中毒対策と

同じように調理器具の管理、適切な保存状態、手洗いが重要で、このような衛生管理が

ちゃんとされていれば、食中毒を未然に防ぐことになるので、ぜひ意識してみてくださいね。

またもし腸管出血性大腸菌による食中毒にかかった場合も通常の食中毒対策のように、

水分補給をこまめにして安静にしましょう。また抗菌薬など薬を使用する際には、医師の

判断を仰いでくださいね。

腸管出血性大腸菌の食中毒の症状は?

腸管出血性大腸菌の食中毒の症状ですが、潜伏期間は2日から9日間で、大抵は5日以内に

発症しているんですよね。発症すると激しい腹痛が起こり、その数時間後には水様の下痢を

起こします。更にその1日、2日後には血便、あるいは血性の下痢がおこり、糞便を含まず

ほぼ血液の場合もあるんです。発熱は出ても37度台と微熱で、高熱になることは

ほとんどありません。


スポンサードリンク

腸管出血性大腸菌の食中毒の症状は重症化することもあるのですが、逆に無症状の場合も

あり、これは個人差によるところが大きいですね。子供や高齢者のような抵抗力や免疫力の

弱い人は重症化する恐れがあり、溶血性尿毒症症候群や脳症など合併症を起こしやすく、命に

関わる状態になるので特に注意が必要ですよ。ちなみに溶血性尿毒症症候群というのは、

最初、下痢の症状が現れ、大体1週間後には赤血球が破壊されて、貧血や急性腎不全などを

起こす症状なんです。

食中毒腸管出血性大腸菌の原因はなに?

腸管出血性大腸菌の食中毒の原因ですが、腸管出血性大腸菌は家畜がもともと保有している

場合があり、保有している家畜の便や食肉による二次感染によって、様々な食品が原因と

なりえるんですよね。特に給食や飲用水などは集団食中毒の原因となることが多いんです。

 

日本では牛肉やレバ刺し、ユッケの他に白菜漬けやキャベツなどの野菜やメロンなどの果物、

蕎麦やシーフードソースなど調味料まで原因となる場合があるんです。このように様々な

食品が原因となり得るため、前述したように食肉を食べる際には加熱処理をしたり、

野菜は洗浄するなどで予防していきましょう。

まとめ

腸管出血性大腸菌による食中毒は加熱処理することが一番の予防法です。また食品の

低温保存や調理器具の衛生管理の徹底によって、二次感染を防ぐことができます。

腸管出血性大腸菌による食中毒にかかると重症化して、命に関わる場合もあるので、

予防対策をしっかり実施して、未然に防いでいきましょうね^^

スポンサードリンク

 - 細菌・ウイルス ,