よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

食中毒の治療の薬はどれ?病院のは合わない?余りはどうする?

   

食中毒
 

食中毒の治療は基本的には、水分補給と自宅で安静にする事なのですが、薬で対処したい

場合には、どのような選び方が良いのでしょうか。また病院で処方された薬が合わなかった

時や余ってしまった時は?今回は食中毒の治療の薬の選び方や、薬が合わなかった時や余った

時の対処についてあなたにお伝えします。

スポンサードリンク

食中毒の治療の薬はどれ?

食中毒の治療は水分補給をして安静にしていることなのですが、薬で治療する場合には、

使い分けが重要となるのですが、特に下痢に対しての薬には注意してくださいね。下痢は

腸管の水分吸収の不全や腸蠕動の異常亢進、細菌の感染症などによって引きこされる

のですが、下痢が酷いからといって、自己判断で下痢止めの薬を飲まないように

してくださいね。というのも、下痢は有害な異物を体外に排出する生体防御反応なので

食中毒の場合であれば、体内に入り込んだ細菌やウイルスを排出していることに

なるんですよね。

 

そして、下痢止めの成分は、腸の活発な動きを抑えるものや腸内の細菌を殺菌するもの、腸の

害になる物質を吸着するもの、荒れた腸の粘膜を保護するものと色々あるので、腸の活動を

抑制する成分が含めれている下痢止めの場合、細菌やウイルスを体外に排出する事を妨げて

しまうので、回復が遅れてしまう恐れがあるんですよね。したがって、下痢止めを不用意に

服用することは避けてくださいね。

 

食中毒が原因の下痢の治療薬としては、一般的には抗菌薬を使用します。その抗菌薬の中でも

タリビットなどのニューキノロン系の抗菌薬が使用されます。ニューキノロン系の抗菌薬は、

薬を投与した時に腸から効率よく吸収されて、血液中へと移行します。つまり吸収率が

良いんですね。そしてニューキノロン系の抗菌薬は肺や尿道、呼吸器、胆道、前立腺など、

あらゆる組織へ移行することに優れているのと、多くの細菌に対して殺菌作用があるので、

食中毒の最近やウイルスに対してだけではなく、様々な症状、疾患に効果があるんですね。

 

最新のニューキノロン系の抗菌薬では、日常生活で患った肺炎や骨髄炎、関節炎、

尿路感染症や皮膚や筋肉、欠陥などの感染症、そして食中毒の症状にも当てはまる消化管の

感染症、更には淋病やクラミジアなど性感染症などにも効果があるんです。ただし、抗菌薬

ごとに微妙な違いがあるので、前述した症状に対応していない場合もあるので、抗菌薬で

治療をする際には、病院で医師の指示を仰いでくださいね。

 

ニューキノロン系の抗菌薬は1日2回、3回と分割するのではなく、1回の量を十分な量に

設定することで効果が期待できるんです。通常は1回が500mgで1日1回というのが、

服用の方法となります。また服用後は3時間以上の食事制限が発生する場合があります。これは

マグネシウムや鉄、カルシウムが含まれている食品を、ニューキノロン系の抗菌薬を服用して

すぐに摂ってしまうと消化管からの吸収率が低下してしまうからなんですね。

 

またニューキノロン系の抗菌薬には副作用が少ないながらもあります。吐き気やめまい、

発疹などが確認されているのですが、他に光過敏症という副作用も確認されていて、

光過敏症というのは、日光が皮膚に当たったことで水膨れや赤くなる症状です。したがって、

ニューキノロン系の抗菌薬を服用している時には、なるべく皮膚への直射日光は

避けましょうね。

 

食中毒の治療薬についてお伝えしましたが、前述したようにニューキノロン系の抗菌薬は、

ある意味万能薬ではありますが、その分少ないですが副作用を気にしないといけないですし、

薬価もかかってきますよね。そして、食中毒の多くは1、2日、あるいは1週間ほどで回復に

向かいます。もちろん重症化してしまえば、この限りではありませんが、水分補給をして

安静にしている方が、病院で処方してもらう手間も考えると、食中毒の症状が軽症の場合で

あれば、個人的にはあまりメリットが無いように感じます。ですので、食中毒の症状の

度合いを見てから判断すると良いのではないでしょうか。

病院の薬が合わない場合は?

前章でお伝えした抗菌薬を医師から処方されているのなら、合わないということは少ない

かもしれませんが、もし薬が合わない場合は、医師に相談してみましょう。返品したいとか

返金してもらいたいと考えるかもしれませんが、一度正規の形で処方されたり、投与した

薬剤の返品や交換は出来ません。


スポンサードリンク

これは何故かというと、副作用も含め効き目があるないは実際に服用してみないと分からない

からなんですね。もちろん医師も過去にどんな副作用が起きたかは確認していますが、

個人差は必ずあるので、万人に絶対に効く、あるいは副作用はない、なんていうことは

ありえないですよね。

 

したがって、飲み始めの時期には短期間分の量しか処方されません。これは副作用の

早期発見や症状の改善具合を確認したいという意図があるからなんですよね。このような

ことから、もし薬が合わなかったり、副作用が起こったと感じたのなら、服用した時期や

回数、副作用の内容や、症状が出た時期、経過などを記録しておいて、病院に受診する際に

説明してください。そうすれば合わない薬を出される確率は抑えられますよ。

病院の薬の余りはどうする?

市販薬でも、処方薬でも薬が余ってしまう場合は、一度は経験したことがあるのでは

ないでしょうか。薬を飲みきる前に回復して、飲む必要が無くなったというのは

よくありますよね。では、余った薬はどうすれば良いかというと、処方薬はあなたに合わせて

処方しているので、家族や友人が同じ症状であったとしても、余った薬を渡すのは

やめましょうね。

 

そして、次また食中毒にかかった時のために残すことはぜずに、廃棄したほうが良いですよ。

そもそも薬にも有効期限があります。開封後の薬の期限はその種類によって多少の違いは

ありますが、概ね半年が有効期間と言われています。しかし、通常は薬を処方した期間が

有効期間と言われているので、もしまた食中毒にかかった際には、再度病院を受診して薬を

処方してもらいましょうね。

 

ちなみに市販薬の場合には、薬の使用期限に対して注意が必要な市販薬だけに記載されて

います。また記載がない場合は有効期限が3年以上の薬です。ですが年に1回は家の薬の

整理をして、有効期限切れの薬やいつ開封したか覚えていないような薬は、思い切って

廃棄しましょう。

まとめ

食中毒の治療薬は抗菌薬が効果的です。普通の下痢止めや解熱剤の使用は、かえって回復を

遅らせてしまうので、服用しないようにしてくださいね。くれぐれも自己判断で薬を

服用しないで、医療機関で処方してもらいましょう^^

スポンサードリンク

 - 薬・検査 ,