よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

花粉症の症状で熱や寒気を感じる?関節痛もある?のどが?

      2016/02/20

花粉症
 

花粉症の症状と言えば、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状が一般的ですが、

花粉症の症状の中には熱が出たり、寒気を感じたり、関節痛などもあるんですよね。

今回は花粉症の症状で熱や寒気、関節痛やのどの熱についてあなたにお伝えします。

スポンサードリンク

花粉症の症状で熱や寒気を感じる?

花粉症の症状の中には熱が出たり、寒気を感じたりする場合があります。

これらの症状はよく風邪と勘違いされがちですが、花粉症によって引き起こされている

ことがあるようで、まだ科学的に明確な証明がされているわけではないのですが、

いくつか原因が考えられているんですね。

熱が出る原因として、体が風邪と勘違いして熱を出してしまう事です。

一般的な風邪はウイルスが体内に侵入すると、体がそのウイルスは排除するために

体温を上げてウイルスに対抗しようとします。これは花粉が体内に侵入した場合にも

言えることで、花粉の成分自体には体内に害を及ぼすものではありませんが、

体は勘違いをしてしまい、風邪の時にウイルスを追い出すのと同様に

花粉を追い出そうとします。

 

これによって体の中に侵入した花粉は、ウイルスと同じ扱いをされてしまうため、

微熱がでるんですね。くしゃみや鼻水など花粉症の症状も、体内に侵入した花粉を

追い出すための症状なので、あなたの体はあらゆる部分を使って、花粉を体外に

追い出そうとしているのが原因と言われています。

 

次に寒気ですが、これは前述した熱が出る原因に関係していて、寒気は体温の急激な上昇に

よって感じることが多く、外が寒いからだとか、皮膚の温度が低下したから寒気がおきる、

と言うわけでは無いんです。もともと寒気を感じるというのは、

体調の悪さを自覚させるために、脳が寒気を出してあなたに知らせているんですよね。

 

つまり寒気も熱が出る原因と同じく、脳が花粉をウイルスと勘違いして、

体調の変化をあなたに知らせているサインなんですよね。

したがって、脳の勘違いで熱も寒気も起こる、ということが考えられているんです。

花粉症の症状の熱で関節痛も

前章でお伝えしたように、脳が花粉を居ウイルスと勘違いして、熱や寒気が出るのですが、

同様に関節痛を引き起こすこともあるんです。花粉が体に侵入することで、防衛本能が

関節痛を引き起こす原因となるのですが、花粉症そのもので関節痛が

引き起こされる事はないのです。


スポンサードリンク

したがって、花粉症による熱が出た時に関節痛が起こることはありえますが、

もし関節痛だけ感じられるようなら、花粉症が原因ではなく、風邪をひいたことによる

関節痛、あるいは倦怠感の可能性があるので、風邪薬などを服用して

安静にしていれば治る事もありますよ。

花粉症の症状の熱でのどが?

花粉症の症状で熱が出た事によって、のどが痛くなる、というわけではなく、

花粉がのどから気管に入り、ひどい場合に気管支の粘膜が腫れてしまい、

のどの痛みが出てくるのです。また重症化すると呼吸困難になることもあるので、

注意が必要ですよ。花粉症の喉の症状については以下を参考にしてみてくださいね

花粉症の症状が子供の咳の原因?喉の痛みや痰を止めるには?
子供の咳が止まらない、市販薬を飲ませても止まらなくて困った事はないでしょうか? 実はその咳は花粉症が原因の場合があるので...

 
 
熱が出て、関節痛やのどが痛いと風邪ではないかと思われがちですが、

風邪薬を服用しても改善されることはありません。特にのどの痛みは花粉が気管支に

付着したことによる炎症が原因なので、花粉症を改善することに努めましょうね。

 

熱による風邪と花粉症の違いは温度です。花粉症で出る温度は微熱なので、

もし38°以上の高熱が出ているのなら、それは花粉症ではなく、インフルエンザなど

他の病気の可能性があるので、医療機関で診察してくださいね。

まとめ

花粉症での熱の症状は微熱で、高熱が出ることはありません。

あなたが花粉症を患っていて、微熱や寒気、関節痛、など風邪と似たような症状でも

花粉症の症状である可能性が高いので、花粉症の改善であなたの体調も

回復する可能性がありますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね^^

スポンサードリンク

 - 症状 ,