よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

食中毒予防は家庭でできる!どんな治療が?台所には危険が?

   

食中毒
 

家庭での食中毒の予防は、食材を選び、調理するあなた自身です。食中毒の3つの原則は

つけない、増やさない、やっつける。この3つの原則といくつかのポイント踏まえて、

食中毒を防ぎましょう。また台所には食中毒の要素となることが多いんですね。今回は

家庭での食中毒の予防についてあなたにお伝えします。

スポンサードリンク

食中毒予防は家庭でできる!

食中毒予防の原則はつけない、増やさない、やっつける、この3つの原則が重要で、この

3つの原則を家庭でも当てはめて予防すると良いですよ。まず「つけない」は、食中毒の

原因となる細菌やウイルスを食品に付けないようにする、という事ですね。その一番の方法は

手洗いです。調理を始める前や生肉など食材を取り扱う前後、トイレに行ったり、鼻を

かんだりした後、また子供のおむつを替えたり、ペットなど動物に触れた後も手洗いを

しましょう。手洗いについては、以下を参考にしてみてくださいね

食中毒防止の手洗いの効果的な方法は?予防に重要?タイミングは?
食中毒を予防するためには手洗いが重要だと言われていますよね。その手洗いをより効果的に するコツがあるんです。またなぜ食中...

 

また包丁やまな板などの調理器具も使用の度に綺麗に洗浄、消毒をしたほうが良いですね。

他にも例えば焼肉をするのであれば、生肉を掴む箸と焼けた肉を掴む箸を別々にするなど、

生肉、生野菜とそれ以外で調理器具は使い分けてくださいね。また食べ物を保存するときには

ラップをしたり、密封された容器を使用したりするなどして、他の食べ物と触れないように

しましょうね。

 

次の原則「増やさない」は低温保存して細菌が増殖するのを防ぎましょう。細菌の大半は、

高温多湿を好むので、常温で放置、保存せずに冷凍庫などで低温保存しましょう。細菌は

10度以下で活動が鈍くなります。つまり冷蔵庫で保存すると細菌の増殖は鈍く

なるんですね。しかし完全に停止したわけではないので、大半の細菌はマイナス15度以下で

活動を停止するので、冷凍庫で保存する方が良いでしょう。また冷凍庫で保存したとしても

細菌が死滅するわけではないので、冷蔵庫の中に長期保存する事はせずに、早めに食べるよう

心掛けてくださいね。

 

3つ目の原則「やっつける」ですが、細菌を死滅させるには加熱処理が一番です。大半の

細菌やウイルスは、加熱することで死滅するので、生で食べることはせずに加熱調理をして

食べましょう。特に肉は中心部が75度以上で1分以上加熱すると良いですよ。また包丁や

まな板などの調理器具も使用後は洗浄、消毒をして調理器具についた細菌をやっつけて

くださいね。この時も熱湯消毒すると効果的ですよ。

 

食中毒の3つの原則に基づいた家庭での予防法をお伝えしましたが、ウイルスの場合には

日頃の体調管理をすることで、ウイルスを持ち込ませないことも重要ですよ。さらに

いくつかのポイントをお伝えしますね。買い物する際には消費期限を確認して、生鮮食品や

冷凍食品は最後に購入する、肉や魚など汁が出る食品は他の食材に付かないように、

ビニール袋に入れるなどの工夫をしましょうね。購入したら出来るだけ早く自宅に戻り、

速やかに冷蔵庫に保存してください。そして前述しましたが、冷蔵庫に保存するときにも

食品の汁がつかないように密封容器などで保存しましょう。また冷蔵庫や冷凍庫の中は、

冷気の循環を考慮して食材を詰め込みすぎないようにしましょう。

 

調理をする際には、前述した手洗いや調理器具の管理に気をつけて、冷凍食品を解凍する

ときには、自然解凍せずに冷蔵庫や電子レンジを利用して解凍しましょう。また冷凍食品を

解凍する際には、使用する分だけ解凍して冷凍と解答を繰り返さないようにしてくださいね。

そして調理器具だけでなく、ふきんやタオルも使用後は熱湯消毒くしてください。

 

食事の時には清潔な食器を使い、調理した料理は素早く食べて、長時間室温で

放置しないようにしましょう。残った食品は清潔な容器に保存して、温める時には十分な

加熱をし、時間が経ってしまったものや怪しいものは、思い切って廃棄しましょうね。

食中毒は家庭でどんな治療ができる?

食中毒は家庭での治療ですが、基本は前述したように手洗いや体調管理が一番大切です。

その2つで食中毒にかかる確率はかなり減らすことができますが、もし食中毒にかかって

しまった場合には、下痢や嘔吐による脱水症状を防ぐ必要があります。食中毒にかかった

場合は医療機関を受診して点滴する事が一番ですが、家庭での治療場合には水分補給

こまめにすることです。また同時に塩分や糖分の補給も大事なので、必要な栄養素が取れる

スポーツドリンクが脱水症状の時には効果がありますよ。


スポンサードリンク

また下痢や嘔吐によって体内に入り込んだ細菌やウイルスを体外に排出します。したがって、

下痢止めなどの薬を飲んでしまうと、細菌やウイルスが体外に排出されるのを妨げて

しまうため、回復が遅れることがあります。ですので、下痢止めや解熱剤を飲むことは

控えてくださいね。もし症状が酷い場合には、医療機関を受診して適切な治療、薬の処方を

受けてください。

食中毒予防台所には危険が?

家庭での食中毒の予防についてお伝えしたことから、台所が危険だということが分かるかと

思います。いくら手洗いをしっかりしても、台所が不衛生であれば意味がありませんよね。

シンクや電子レンジ周り、そして調理器具は清潔にしておきましょう。特に家庭で起きた

食中毒の原因として包丁やまな板は多いんですよね。したがって、包丁やまな板をその都度

洗浄、消毒することはもちろん、使う食材によって使い分けることが理想ですよ。

 

これは家庭では食材ごとに用意するのは難しいと思いますので、例えば加熱する食材と

加熱する必要のない食材の、2つの調理器具を用意しておくだけでだいぶ違います。

特にまな板は細菌やウイルスを広げてしまう要因となることが多いので、使い分けと清潔に

することを心がけてくださいね。また菜箸やボールなど他の調理器具も使用前によく洗って

おきましょう。

 

ふきんやタオルは一度使用したら洗濯物行きにした方が良いです。これはふきんやタオルを

湿ったまま放置してしまうと、細菌は一気に増殖してしまうからなんですよね。台所で

使用するものは、いずれも清潔にしておく事が重要ですよ。

まとめ

家庭での食中毒の予防法は3つの原則といくつかのポイントで可能です。特に手洗いや

調理器具の衛生管理がとても大切なので、食中毒にかからないためにも十分意識してみて

くださいね^^

スポンサードリンク

 - 予防・対策 , ,