よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

食中毒の多い季節は?発生件数は家庭が?条件が揃うと危険?

   

食中毒
 

食中毒の多い季節といえば夏を思い浮かべると思いますが、最近では冬場にも食中毒が

発生していて、食中毒の多い季節はいつなのでしょうか。また食中毒が発生する件数が

多いのはどこなのでしょう。今回は食中毒の多い季節や発生件数、そして食中毒が発生する

条件についてあなたにお伝えします。

スポンサードリンク

食中毒の多い季節はいつ?

食中毒全体のうち9割を占める「細菌性食中毒」は、一年を通して最も多く発生するのは、

やはり夏場で5月から11月までは細菌性の食中毒が発生する時期なんですね。また9月、

10月は寄生虫クドアや毒キノコによる食中毒も多く発生し、12月から4月までは

ウイルス性の食中毒が多く発生するので、年間を通して食中毒は発生しているんです。

 

その中でも5月から7月までの間は比較的少ないようですが、それでも気温と湿度が上がり

始める梅雨の時期は、食中毒が発生するに適した環境となるので、気をつけなければ

なりませんよ。現在も夏場には細菌性の食中毒は多く発生していますが、以前よりかは

減少しているんです。これは代表的な原因菌である腸炎ビブリオやサルモネラ菌による

食中毒の発生件数が減少しているからなんですよね。

 

腸炎ビブリオは気温が約30度程度で、急激に増殖して食中毒を起こすのですが、漁獲から

流通、販売、調理加工まで、食品が低温で管理されて、調理場に関しても二次感染への

意識が高くなり、その対策が徹底された事が腸炎ビブリオによる食中毒が減少した要因です。

腸炎ビブリオが原因の食中毒については、以下も参考にしてみてくださいね。

腸炎ビブリオの食中毒の治療法は?症状はなに?原因はあれ!
食中毒の原因菌にもなる腸炎ビブリオは、日本で発生する食中毒の最も重要な原因菌の 一つで、5月、6月頃から次第に増加して、...

 

またサルモネラ菌にしても原因食品となる卵の賞味期限の表示が義務化されたり、取り扱いが

改善されたことにより、件数が減少していったんですね。サルモネラ菌については、以下も

参考にしてみてくださいね。

サルモネラ菌の食中毒の治療法は?潜伏期間は?感染源は何?
サルモネラ菌が原因の食中毒はカンピロバクターに次いで多く、サルモネラは自然界の色々な 環境に生息していて、特に家畜が保有...

 

冬場になぜウイルス性の食中毒が起こるかというと、ウイルスは乾燥することで、周りに

拡散しやすくなり、ウイルスは気温が低いほど感染力を持続させる実験結果もあり、また

1週間以上前にノロウイルスに汚染されたカーペットのホコリから感染した事例も

あるんですよね。このように冬場に発生するウイルス性の食中毒は、乾燥と低温に順応して

いて感染力も強いことから、食中毒の発生件数も多いんです。

 

このように一昔前までは食中毒は夏場に多いと言われてきましたが、最近では夏場はもちろん

9月、10月なの秋頃には寄生虫や毒キノコによる食中毒、冬場はノロウイルスを始めとした

ウイルス性の食中毒が多いんです。したがって、現在は夏場だけでなく、むしろ秋冬の

食中毒が多くなっている傾向です。

食中毒の発生件数は家庭が多い?

食中毒の発生件数で一番多いのは飲食店です。しかし2番目に多いのが家庭なんですね。

飲食店の場合は防ぎようがないですが、家庭内であれば未然に防ぐことも可能ですよね。

家庭で一番食中毒の原因となる場所は台所です。特に食材を家に持ち帰った後、保存から

調理、食後の片付けまでの中心となるシンクは要注意ですよ。


スポンサードリンク

家庭内での食中毒対策のポイントは、食材の購入、保存、調理前の準備、調理、食事の時、

残り物の取り扱いです。新鮮な食材を購入し、調理器具は清潔に保ち、調理前、食事前の

手洗い、加熱調理、低温保存など細菌を付けない、増殖させないよう対策してくださいね。

家庭のでの食中毒の予防については、以下も参考にしてみてくださいね。

食中毒予防は家庭でできる!どんな治療が?台所には危険が?
家庭での食中毒の予防は、食材を選び、調理するあなた自身です。食中毒の3つの原則は つけない、増やさない、やっつける。この3...

食中毒が発生する条件とは?

食中毒が発生する条件は3つあります。1つは栄養分。食材や残り物、汚れはなどは細菌の

栄養となってしまいます。したがって、調理器具などの汚れも細菌によっては栄養分と

なるので、清潔に保ち、使用したら洗浄消毒をしましょうね。2つ目は水分です。細菌は

水に溶けている栄養分を分解して摂取するので、水分のない場所では増殖しません。

 

したがって水気を無くすことが重要です。3つ目は温度です。全ての細菌は増殖に最適な

温度があり、一般的には15度から40度の間で増殖するんですよね。特に35度前後の

温度が、一番細菌が増殖するので食材は室温で保存するのではなく、低温保存するよう

心がけてくださいね。

まとめ

食中毒の多い季節は夏場はもちろん冬場も多く、1年を通して食中毒は発生しています。

家庭での発生件数も多いので、食材や調理器具の管理や保存は徹底して、食中毒に

かからないようにしましょうね^^

スポンサードリンク

 - 予防・対策 ,