よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

食中毒の夏の予防対策はどうする?多い理由は○○!症状は?

   

食中毒
 

食中毒は夏に多く発生しますが、きちんとした予防対策をして、食中毒にかからないように

したいものですよね。またなぜ食中毒は夏に多く発生するのでしょうか。症状については

どうなのでしょうか。今回は食中毒の夏の予防対策や多い理由、症状についてあなたに

お伝えします。

スポンサードリンク

食中毒の夏の予防対策はどうする?

食中毒は夏だけでなく1年を通して発生していますが、梅雨時から9月頃までは細菌性の

食中毒が多く発生するんですよね。食中毒の原因菌となる細菌は、食べ物の中で増殖したと

しても、見た目や味には変わりが見られず、臭いもしないんです。したがって、食中毒対策の

3原則である「つけない」「増やさない」「やっつける」を意識して、食中毒を予防して

いきましょうね。

 

夏に発生する食中毒の原因菌となる細菌は、カンピロバクターサルモネラ菌

黄色ブドウ球菌腸炎ビブリオ、O157などの腸管出血性大腸菌です。この中でも特に

カンピロバクターの食中毒は多く発生していて、冬場に多く発生するノロウイルスに次いで

多いんですよね。またO157による食中毒も発生しているので注意が必要ですよ。特に

夏休みになるとキャンプや海水浴でバーベキューをすることも多くなります。前述した細菌に

よる食中毒の原因は生肉や加熱が不十分な肉なので、バーベキューをする時には半ナマに

ならないように、十分に加熱しましょうね。

 

またここ数年は突然の豪雨、いわゆるゲリラ豪雨が多く、自然災害などで避難するケースも

増えてきています。避難所で配給される食べ物によって、食中毒が起こるケースも確認されて

いるので、差し入れや炊き出しは、受け取ったら速やかに食べてしまいましょうね。もし

時間が経ってしまったのなら危険ですので、もったいなくても廃棄しましょう。そして食べる

前には必ず手洗いをしてくださいね。避難所のような場所だと水で洗えない状況もあるので、

ウエットティッシュやアルコールを有効活用してください。手洗いについては以下を参考に

してみてくださいね。

食中毒防止の手洗いの効果的な方法は?予防に重要?タイミングは?
食中毒を予防するためには手洗いが重要だと言われていますよね。その手洗いをより効果的に するコツがあるんです。またなぜ食中...

 

そして、カンピロバクターなど前述した細菌は、生の肉や牛肉のタタキなど加熱が不十分な

肉に付いてしまう可能性があるので、肉の中心まで十分加熱して食べてくださいね。また

肉だけでなく、生卵やオムレツなど加熱が不十分な卵料理はサルモネラ菌が付いている

可能性があるため、卵も十分加熱して食べましょうね。サルモネラ菌については、以下も

参考にしてみてくださいね。

サルモネラ菌の食中毒の治療法は?潜伏期間は?感染源は何?
サルモネラ菌が原因の食中毒はカンピロバクターに次いで多く、サルモネラは自然界の色々な 環境に生息していて、特に家畜が保有...

 

また焼肉など肉を焼く時に使う箸と食べる箸は分けてください。生肉を触った箸で焼いた肉を

取ると、せっかく十分焼いたとしても菌がついてしまいます。焼いた肉に菌がつかないように

するために、箸は分けてくださいね。過敏だと思うかもしれませんが、例えば

カンピロバクターは、少しの菌でも食中毒を引き起こしてしまうんです。したがって、

注意するに越したことはありませんよ。カンピロバクターについては、以下も参考にして

みてくださいね。

カンピロバクターが原因の食中毒の治療法は?症状は?うつる?
食中毒の原因菌で一番多いと言われているのがカンピロバクター菌です。この カンピロバクターが原因の食中毒の治療法や症状はどう...

 

また卵も生肉も購入したら速やかに冷蔵庫に入れて、低温保存してくださいね。特に

サルモネラ菌は室温で増殖してしまうので、冷蔵庫に保存して早めに食べてしまいましょう。

また調理師終わった食べ物は、室温で放置しないですぐに食べましょうね。残り物が出たら

すぐに冷蔵庫や冷凍庫で低温保存してください。ここで誤解しないで欲しいのが、冷蔵庫や

冷凍庫で低温保存しても細菌の増殖を抑えるのであって、死滅するわけではありません。

したがって、冷蔵庫などで保存したとしても早めに食べて、長期期間保存した食べ物に

ついては廃棄しましょうね。

 

また夏に多いのが「おにぎり」による食中毒です。まず素手でおにぎりを握ると手について

いた黄色ブドウ球菌がおにぎりに付着してしまいます。さらにそのおにぎりを室温で放置して

しまうと、おにぎりに付着した黄色ブドウ球菌は増殖してしまうので、おにぎりを握る時には

ラップなどで直接手がおにぎりに触れないようにして、長時間室温で放置しないようにして

くださいね。黄色ブドウ球菌が原因の食中毒については、以下も参考にしてみてくださいね。

食中毒ブドウ球菌の場合の治療方法は?症状は?原因はなに?
ブドウ球菌は現在約40種類に及びますが、食中毒の原因となるのは 黄色ブドウ球菌なんです。この黄色ブドウ球菌による食中毒は...

食中毒が夏に多い理由は○○!

食中毒が夏に多い理由は、ズバリ高温多湿だからです。食中毒の原因の細菌のほとんどが、

室温で活動的になり増殖し始めるんですね。温度が上昇するにしたがって、増殖する

スピードも増します。またほとんどの細菌は湿度が高くても活発になるので、梅雨時から

食中毒が発生し始めるんですよね。


スポンサードリンク

そしてもう一つ理由を挙げるのであれば、免疫力、抵抗力の低下です。夏バテなどで抵抗力が

低下した状態だと、食中毒にかかりやすいんですね。このように、夏は高温多湿の気候と

夏バテなど夏の暑さによる抵抗力、免疫力の低下が原因で食中毒が多く発生するので、前章で

お伝えした予防対策とともに、体調管理にも気をつけて食中毒を未然に防ぎましょうね。

食中毒の夏の症状は?

食中毒の夏の症状は、腹痛や下痢、嘔吐など、食中毒の代表的な症状を発症します。他にも

発熱や脱力感なども引き起こされることもあり、症状の多くは消化器官となっています。

また子供や高齢者など元々抵抗力や免疫力が低い人は、食中毒にかかりやすく、脱水症状も

起こしやすいので、水分補給をこまめに行う必要がありますよ。細かい症状は細菌によって

特徴があったりします。細菌ごとの症状や予防法はこちらを参考にしてみてくださいね。

 

まとめ

夏の食中毒は手洗いや食品の管理、調理次第で予防対策になります。夏場は細菌が増殖する

事に最適な環境になるので、細菌を増殖させないよう対策をして、体調管理しっかりと行い、

食中毒を予防しましょう^^

スポンサードリンク

 - 予防・対策 ,