よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

熱中症の症状の頭痛対策は?期間はどのくらい?薬の服用は?

   

熱中症
 

夏の暑い日に頭が痛くなる、それは熱中症による頭痛かもしれません。熱中症とは気温が

高くなると体内の水分やナトリウムのバランスが崩れて、体温調節が上手くできず、体に熱が

溜まってしまい、それによって頭痛などが起きる症状です。今回は熱中症による頭痛の対策や

期間、薬の服用についてあなたにお伝えします。

スポンサードリンク

熱中症の症状の頭痛の対策は?

熱中症による頭痛への対策は熱中症を解消することですが、基本的には体を冷やして体温を

下げたり、水分補給をこまめに行う事で脱水症状を軽減することなんですね。頭痛は体内の

水分不足、いわゆる脱水症状が原因となることが多くいので、水分補給が効果的なんですが、

水分補給に適した飲み物は、スポーツドリンクやカフェインを含まない飲み物が良いですよ。

 

頭が痛くなりだしたかな、って時に水分補給をしておけば、本格的な頭痛を避けることが

できますが、本格的な頭痛が始まってからだと、水分補給をしてもすぐには痛みは

解消されないので、早めの水分補給をしましょうね。

 

頭痛対策として水分補給以外の対策もお伝えしますね。まず屋外で熱中症による頭痛が

生じたら、涼しい場所に移動してください。大きな樹の下や日陰になるような場所、

風通りの良い場所を探しましょう。また屋内へと移動するのも良いですね。屋内へ移動した

場合、また屋内で頭痛が生じた場合には、クーラーの効いた涼しい部屋へ移動してください。

扇風機やうちわなども利用しましょうね。

 

屋外から屋内に移動する時に気をつけて欲しいのが、急な温度変化なんです。というのも、

温度変化によって頭痛が生じる可能性があるからで、これは体が急な温度変化について

いけなくなっている為で、涼しいクーラーの効いた部屋から屋外に出るときも同様ですよ。

上着など1枚羽織るものを用意して、急な温度変化に対応してくださいね。

 

また衣服のボタンやベルトを緩めることで、体内に溜まった熱を排出できるので、熱中症に

よる頭痛の場合には、衣服を緩めることで快方に向かいますよ。また靴や靴下も熱がこもり

やすいので、靴や靴下は脱がしておくと良いでしょう。そして足を高くして、なるべく楽な

体勢にして安静にしましょう。

 

体を冷やすことも効果がありますよ。首や脇の下などを氷や水に濡らしたタオルで冷やして

ください。特に頭痛の場合は首筋を冷やすと良いです。首筋を冷やすことで体全体が

効率的に冷えていくので効果があります。もし救急車を呼ぶような自体であったら、救急車が

到着するまでしっかり冷やしてください。これは冷やしていたかどうかで、その後の症状に

大きな違いが出てくるからなんですよね。

 

また夏場など暑い時期の急な運動は、頭痛が起こりやすいので、準備運動はしっかりして

おきましょうね。これは歩いたり、走ったりするだけでも頭痛が起こる可能性があるので、

ストレッチなどして頭痛になるのを未然に防ぎましょう。あと空腹も避けてくださいね。

何故かというと、空腹になると血流が悪くなってしまい、頭痛が生じやすくなるからで、

特に外出するときには事前に食事をしておいて、空腹の状態は避けてくださいね。

熱中症の症状の頭痛の期間はどのくらい?

熱中症の症状の頭痛の期間ですが、これは個人差があるんです。熱中症による脱水症状が

解消されると頭痛が治まる人もいれば、安静にしていないと頭痛が治まらない人も

いるんですよね。数日から1週間ほどの頭痛が起こる人もいます。熱中症に限らず症状は

個人差があり、体力のある人とない人、免疫力が強い人と弱い人などでは頭痛の期間は

違います。また年齢によっても変わってきますよね。


スポンサードリンク

このように熱中症の頭痛は人によって期間が違いますが、安静にしていればそれだけ回復も

早いので、水分補給をして安静にしていることが、早い回復に繋がります。また熱中症に

よって、自律神経が乱れることで頭痛が続く場合があるので、規則正しい生活習慣、

食生活をすることで、回復につながりますよ。

熱中症の症状の頭痛薬の服用は?

熱中症による頭痛の対策として、頭痛薬など薬の服用は止めておきましょう。熱中症の頭痛は

頭の脱水症状によって起こっているので、炎症を鎮めたり熱を下げる効果である頭痛薬を

服用しても効果は期待できませんよ。むしろ効果がないどころか危険な場合があります。

熱中症による頭痛の場合、体は脱水症状の状態ですよね。その状態で頭痛薬を服用すると

低血圧や痙攣を起こす可能性があるんですね。したがって、熱中症による頭痛の場合は、

薬の服用は避けてくださいね。

まとめ

熱中症による頭痛の対策は水分補給が一番の方法です。また涼しい場所に移動したり、体、

特に首筋を冷やすことはかなり効果的なので、頭痛だけでなく熱中症そのものの対策にも

繋がるので、水分補給、体を冷やす、この2つは必ず実践しましょうね^^

スポンサードリンク

 - 症状 ,