よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

熱中症の下痢の対処法は?原因は?治らない場合はどうする?

   

熱中症
 

夏場になると下痢や腹痛が急に襲ってくることがありますが、暑いために飲料水の飲みすぎ

という場合もありますが、実は熱中症の症状の中には下痢もあるので、熱中症による下痢の

可能性もあるんですね。今回は熱中症による下痢の対処法とその原因、治らない場合は

どうするかをあなたにお伝えします。

スポンサードリンク

熱中症の下痢の対処法は?

熱中症による下痢は普通の下痢とは違うため、普段の下痢の対処とは異なります。まず下痢の

原因が熱中症であるならば、塩分やミネラルの不足を解消する必要があるんですね。熱中症の

症状で気をつけないといけないのは脱水症状です。脱水症状を起こさないために水分補給が

重要になるのですが、水分補給時に注意して欲しいのが、水分だけ補給しない、

ということなんですね。

 

脱水症状を防ぐために水分補給をする時に、水分だけ摂るのではなく、塩分やミネラルを

補給してくださいね。これは何故かというと、熱中症による下痢は塩分やミネラルが

不足しているからなので、水分補給時に塩分やミネラルを摂るようにすれば、下痢も

解消されるでしょう。

 

そのためには水ではなく、スポーツドリンクやミネラル入りの麦茶を飲むと良いですよ。

水分補給時に飲むものを変えるだけで、かなり効果が変わってくるんですよね。また

水分補給だけでなく、食事にも工夫してみてください。わかめ入りの味噌汁や梅干を摂る

ことも熱中症の下痢の対策としてはとても効果的で、特に梅干は塩分やミネラルが

バランスよく含まれていて、下痢対策だけでなく熱中症そのものの対策にも効果が

期待できるんですね。

 

また普段から塩飴を舐める事も効果があるので、手軽ですし是非実践してみてくださいね。

前述した食べ物以外にも、塩分やミネラルが多く含まれている食べ物は数多くあります。

塩分であれば、昆布や生ハム、紅しょうが、めんたいこ、ふくじん漬などの他にしょうゆや

とうばん醤、ノンオイルドレッシング、オイスターソースなどの調味料もありますし、

ミネラルはレバーやチーズ、魚介類、豆類にも多く含まれているので、塩分やミネラルは

効率的に摂れるのではないでしょうか。

 

ただし、下痢の症状が出ている時にお茶やコーヒーは避けましょう。というのも、お茶や

コーヒーに含まれているカフェインは利尿作用があって、熱中症による下痢の対処に必要な

水分や塩分、ミネラルを排出してしまうからなんですよね。したがって、かフェインが

含まれている飲み物は回復するどころか、逆効果になってしまうので、スポーツドリンクなど

熱中症の改善に適した飲料水を飲みましょうね。

 

そして熱中症による下痢は、普段から高温になっている室内で起こることが多いんです。

これはクーラーや扇風機を節電などのために、我慢して使用しないという意識による所が

大きいんですね。確かに節電は大切なことですが、熱中症は最悪命に関わる危険なこと

ですので、あなた自身の身を守るためにも、暑いと感じたのならクーラーや扇風機などを

使用して、室内を冷やすようにしてくださいね。

熱中症の下痢の原因は?

熱中症による下痢の原因は前章でも触れましたが、塩分やミネラルの不足によるものです。

水分だけを補給してしまうと、体の塩分やミネラルの濃度が薄くなってしまい、その時体は

バランスを保つために、水分を体外へ排出しようとします。これが下痢の症状として

現れるんですよね。ちなみにバランスを保てなかった場合に起こるのが痙攣なんですよね。


スポンサードリンク

このように体の塩分やミネラルの濃度のバランスを保つために、水分を排出するため食後に

毎回下痢の症状が現れます。これが熱中症の下痢の特徴でもあるんですね。そしてこのような

症状が現れたら、熱中症の初期症状と思ってください。塩分やミネラル、そして水分を

スポーツドリンクや食べ物でバランスよく摂りましょうね。

熱中症の下痢が治らない場合はどうする?

熱中症による下痢は、水分と塩分、ミネラルを摂って安静にしていることで回復します。ただ

熱中症による下痢が治らない場合は、水分補給の仕方がまずいのかもしれません。というのも

水分補給のために一気に水分を摂ってしまうと、体に負担がかかってしまうので、かえって

逆効果になることもあります。また冷えすぎた飲み物も体に負担がかかるので、気をつけて

くださいね。また食事で対処する場合にも、熱中症の体は消化器官も弱っているので、消化の

良いものをゆっくり食べてください。

 

もしそれでも下痢が一向に回復しない場合には、その下痢は熱中症が原因ではない可能性が

ありますよ。今までお伝えした熱中症による下痢の対処法で改善しない場合は、胃腸炎や

内臓疾患の可能性があるので、速やかに病院を受診して適切な治療をしてくださいね。

まとめ

熱中症による下痢は塩分やミネラル不足によるものなので、水分補給をする際には

スポーツドリンクやミネラル入り麦茶を飲みましょう。また食事でもこれらは

補給できるので、特に梅干は塩分とミネラルを含んていでるので、熱中症による下痢の

改善には効果的ですよ^^

スポンサードリンク

 - 症状 ,