よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

うつ病の初期症状の対応は?仕事のストレス?薬で対処可能?

   

うつ病
 

不眠や肩や首の痛み、倦怠感、めまいといった体の症状が現れたら、うつ病の初期症状かも

しれません。うつ病は体の症状が現れた後に、精神的な症状に移行して更に悪化して

しまうと、回復するのにも時間がかかってしまいます。今回はうつ病の初期症状の対応と

仕事との関係、薬での対処についてあなたにお伝えします。

スポンサードリンク

うつ病の初期症状の対応は?

うつ病の初期症状で代表的な症状は、身体的な症状と精神的な症状に分かれます。身体的な

症状としては、夜眠れなかったり、食欲がなかったり、疲れやすくなったりするんです。また

午前中は調子が悪かったけど、午後になって調子が良くなったなど、1日の中で体調が大きく

変わったりもするんですよね。また逆に寝すぎたり、食べ過ぎたりという事も、人によっては

あり、個人によって症状の現れ方に違いがあります。

 

精神的な症状としては、何もする気が起きなかったり、1日中憂鬱な気分だったり、不安や

焦りが強く、自分が悪いんだと思い込んでしまう事もあります。また集中力も低下して、頭が

働かなくなったり、何をしていても楽しく感じられないんですね。このようにうつ病の

代表的な初期症状をいくつか挙げましたが、これは多くの人が知っているような症状かなと

思います。もしこのような症状が2週間くらい続いているとしたら、うつ病の可能性が

高いです。心療内科を受診するとうつ病と診断される確率が高いんですね。

 

前述した代表的な症状の他にも実はまだ様々な初期症状とがあるんです。肩がこったり、頭が

重かったり、腰痛や関節痛、動悸や便秘、耳鳴りなども、うつ病の初期症状の可能性が

あるんですよね。また喉が渇いたり、胃が重く感じたり、性欲がわかない、というのも

うつ病の身体症状の可能性があるんです。

 

精神的な症状としては、人に会いたくなかったり、将来について悲観したり、決断力が

低下したり、訳もなくむなしくなったり、不安を感じたり、自信がなくなったり、口数が

少なくなるのもうつ病の初期症状の可能性があるんです。人間関係や考え方が一様に

ネガティブに向いていく、何をしても考えても常に不安や不幸だ、という気持ちを抱いて

しまうんですね。

 

うつ病の初期症状についてお伝えしましたが、ではどう対応すればよいのかですが、もし

前述したような症状が2週間以上続いているのであれば、心療内科など医師の診察を

受けるのが一番です。ただいきなり病院は・・・って思うでしょうから、まず十分な休養と

睡眠を取ることが大切ですよ。体も心も十分な休息が必要なんですね。

 

またうつ病になる原因の大半は日常のストレスによるものなので、そのストレスの原因と

なる要因から離れることが大切です。そのためには、まず自分自身のストレスとなる要因を

しっかり把握する必要がありますよ。人間関係なのか、仕事、学校なのか、病気なのか。人に

よってストレスとなる原因はそれぞれですので、ストレスとなる要因を把握して、

遠ざけたり、離れることで、うつ病の初期段階であれば十分回復することができるんですね。

 

そして、うつ病は責任感が強かったり、神経質な人がなりやすく、調子が悪くても仕事など

普段の日常生活を優先して、後回しにしてしまう事が多いのですが、うつ病は放置して

しまうと症状が悪化していきます。悪化してしまうと、その分回復するのにも時間が

かかるし、治療も長引いてしまいます。仕事や勉強も大事ですが、それは健康であることが

前提ですので、きちんと対応しましょうね。

 

また治療して少し良くなったからといって、すぐに普段の生活に戻らないでくださいね。

うつ病というのは、症状が改善したり悪化したりを繰り返して、徐々に回復していきます。

したがって少し改善したからといって、治療を止めて日常生活に戻ってもすぐに症状を

悪化させて、うつ病を長引かせてしまいます。焦る気持ちは分かりますが、時間をかけて

じっくり治す事が大切ですよ。もし普段の生活に戻ったとしても半年から1年くらいは

治療を続けましょうね。

うつ病の初期症状の原因は仕事のストレス?

うつ病の初期症状の原因はストレスが大半ですが、中でも仕事のストレスが多いです。仕事と

いっても人それぞれで、仕事上の立ち位置などでも変わってきますよね。そこで2つの傾向を

お伝えしますね。まずうつ病の初期症状で「朝刊シンドローム」というものがあります。

「朝刊シンドローム」とは、朝刊さえも読む気がしないほど、気力も関心も失う事で、昇進や

転勤、転職、そして過労などが原因となることが多く、このような場合は、前章でも

お伝えしたようにストレスとなる要因を把握することです。また心療内科などの専門機関を

受診するのも良いでしょう。


スポンサードリンク

そして休日症候群というものがあります。これは休日が怖くなったり、休日を無意味に

過ごしていないか焦ったりして、休日になるとイライラして落ち着かなくなったりする

症状で、サザエさんシンドロームとも言えわれています。日曜の夜6:30のサザエさんが

放映されると、休日もあとわずか、あるいはもう休日が終わってしまった、という感覚は

学生でも社会人でも一度は経験があるのではないでしょうか。これは働き過ぎている人に

多く、サービス残業や仕事優先の日常生活を送っている人は要注意です。このような場合は、

まず考え方を改めるのが得策ですよ。「仕事だけが全てではない」、という意識を持つ努力を

することで、うつ病を回避できるんです。

うつ病の初期症状は薬で対処可能?

うつ病の初期症状は薬で対処可能ですが、うつ病で使用されるのは抗うつ薬で、抗うつ薬の

特徴として、飲み始めてからすぐには効果が現れず、継続して使用することで徐々に症状が

改善されてくるんですね。そして、薬の飲み始めには注意が必要なんですね。というのも、

抗うつ薬を飲み始めると、吐き気やむかつきなどの副作用が現れる場合があるんです。

 

また抗うつ薬を飲み始めた時に不安になったり、興奮しやすくなったり、怒りやすくなる

ことがありますが、一過性のものなのでその時には、医師に相談して対応しましょう。

抗うつ薬そのものや服用した時に気になることがあれば医師に相談するのが一番ですよ。

まとめ

うつ病の初期症状の対応は、しっかりと自分のストレスが何かを把握して、そのストレスと

なる要因を遠ざけたり、離れるようにすれば初期段階であれば、これだけで回復する事も

あります。またうつ病の治療はすぐには回復しません。長い期間をかけて徐々に回復して

いきますので、焦らずにじっくりと治療していきましょう。

スポンサードリンク

 - 症状 ,