よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

五月病の原因と対策はなに?症状には頭痛も?食べ物で解消?

   

五月病
 

五月病は新入社員や、ゴールデンウィーク明けの社会人がなりやすいと言われています。その

原因を知って対策を立てて、五月病にかからないようにしてくださいね。また食べ物でも

五月病の対策できるんですよね。今回は五月病の原因と対策、症状についてあなたに

お伝えします。

スポンサードリンク

五月病の原因と対策法はなに?

まず五月病についてお伝えしますね。五月病とは新入社員だけでなく、一般社員や学生にも

起こりええる病で、進学や就職、配置転換などで環境が大きく変わる四月を過ごし、その

新しい環境に上手く適応できなくて、あるいは適応しようと無理に頑張ってしまい、うつ的な

状態になる病気なんです。新しい環境になった四月を過ごして、頑張ってみたものの環境に

馴染めなかったり、頑張りすぎて自分自身の精神的限界を超えてしまったりするのが五月、

それもゴールデンウィーク明けになる人が多いんですね。

 

このようなうつ状態は強いストレスから来るもので、五月病の場合には適応障害とも

言われています。これは五月や六月だけでなく、環境が変わるごとに起こる可能性のある

病気ですので、年中発生する可能性があるんですね。この五月病になる原因は新しい環境から

くるストレスですが、よく聞かれる原因としては、新しい環境、新しい人間関係

多いんですよね。また他にも入試や入社試験を乗り越えて、次の目標が見つからない、

という燃え尽き症候群もあります。入学、入社前に抱いていたイメージや理想と現実の

ギャップが原因になることもあるんです。このような状況は多くの人が、一度は

味わっているのではないでしょうか。

 

ただこれはうつ病と似ているのですが、うつ病とは違いストレスケアやリフレッシュする

ことで、自然に回復できるものなんですよね。環境になれるまでの期間は個人差が

ありますが、概ね3ヶ月も経つころには自然に回復していることが多いので、思いつめ

すぎないようにしてくださいね。

 

五月病に対しての対策法は前述しましたが、ストレスケアやリフレッシュすることです。軽い

運動をしたり、睡眠時間を普段より多くとったり、ぬるめのお風呂にゆっくり入ったり、

寝すぎたり夜ふかしをしないなど、普段の生活の中でリラックスできる時間を増やす事が

大切ですよ。

 

またアロマオイルも効果的ですね。アロマオイルの中には、抗うつ作用、鎮静作用、

神経強壮作用のある精油があるので効果が期待できるんですね。ただ好きな香りでないと

効果が現れないので、抗うつ作用、鎮静作用、神経強壮作用のある精油は色々あるので、

好きな香りを選んでみてくださいね。ちなみにオレンジのアロマオイルは初心者には

オススメですよ。

 

また他にも友達や知人に話を聞いてもらったり、暗いニュース、ネガティブな話題の入る

ネットやニュース番組を見ないようにしたり、偉人の言葉やエピソードを読んで新しい目標を

立てたりなど、前向きになったり、ストレスケアになるような事を行ってみてくださいね。

このこのように日常生活を少し見直すだけで、五月病が改善することはあるんですね。

 

そして自分自身について一度考えてみましょう。何が嫌なのかを全て書き出してみて

ください。その嫌なことがストレスの元となっているので、次はその嫌なことを解消する

方法を思いつくだけ書き出してみましょう。その書き出した解消方法が実施できない理由が

あったらそれも書き出して、どうすればその嫌なことが解消できるのかを、詳細まで

突き詰めていき、現状で実践できるところまで落とし込んでみてくださいね。またどうしても

自分で解消できない問題や、嫌な事は時間に委ね忘れるようにしましょう。

 

次に五月病にならないための予防法は睡眠リズムを乱さないことです。五月病になってしまう

睡眠不足はうつ病になるリスクがとても高いので、決まった時間に睡眠をとるように

心がけて、かつ十分な睡眠時間を取りましょう。また生活リズムが崩れることも五月病に

なるリスクを高めてしまうので、特にゴールデンウィーク中は、普段と生活リズムが

変わりやすいので注意してくださいね。

五月病の対策は食べ物でもできる?

前章で五月病の対策をお伝えしましたが、食べ物でも五月病の対策を取ることが

できるんです。そもそも五月病は、セロトニンという神経伝達物質が不足することで起こる

ので、セロトニンの分泌を促す食べ物を摂るようにしましょうね。セロトニンというのは、

幸せホルモンとも呼ばれていて、心身の安定や安らぎに関係している物質で、指針的な

バランスを保つ作用があるんです。したがって、このセロトニンが不足すると、五月病や

うつ病、不眠症などが発症しやすくなってしまうんですね。


スポンサードリンク

セロトニンの分泌を促す食べ物を摂るためには、セロトニンの分泌を促すトリプトファン

という物質が必要なんですね。したがって、トリプトファンをたくさん含んだ食べ物を

摂るようにしてください。トリプトファンをたくさん含んだ食べ物は、牛乳や

ヨーグルトなどの乳製品や豆腐や納豆などの大豆製品です。またマグロやアーモンドなどの

ナッツ類、バナナや白米などにも多く含まれているんです。普段よく食べているものかも

しれませんが、少し意識して摂ってみてくださいね。

五月病の症状には頭痛も?

五月病の症状はうつ病と似ているのですが、精神的な症状と身体的な症状に分かれるんです。

精神的な症状は不安や焦り、苛立ちや無気力といった症状が出ます。一方身体的な

症状としては、胃痛やめまい、動悸、息切れ、不眠や食欲不振が挙げられます。また

身体的症状のなかには頭痛を伴うこともあるんですね。体調が悪いわけでもないのに、頭が

重く感じたり痛みを感じたりなど頭痛が生じたら、五月病が原因の頭痛の可能性が

ありますよ。

 

五月病による頭痛の解消法は、ストレスを解消することです。前述したように五月病の

原因の大半は、新しい環境に馴染めないことからくるストレスなので、運動したり趣味を

楽しんだり、話を聞いてもらったりなど、ストレスケアすることが大事ですよ。

まとめ

五月病の原因は新しい環境に馴染めないことからくるストレスで、そのストレスをいかに

解消するかが重要です。規則正しい日常生活を送ることで、改善されることはよくある

ので、まず自分の生活リズムを見直してみて、友人や知人と話をしたり、趣味を楽しむなど

リラックス、ストレスケアすることが五月病の一番の対策になりますよ^^

スポンサードリンク

 - 五月病 ,