よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

熱中症の痙攣が起きた時の対処法は?原因はなに?薬は効果がある?

   

熱中症
 

熱中症にはめまいや倦怠感など様々な症状がありますが、その中で痙攣があります。痙攣が

起きた時はあることに気をつけて対処してください。また症状が辛くて薬を使用する人も

いますが、効果があるのでしょうか。今回は熱中症による痙攣の対処法と原因について、

また薬の使用についてあなたにお伝えします。

スポンサードリンク

熱中症の痙攣が起きた時の対処法は?

熱中症による痙攣といえば代表的な3つのタイプの一つである熱痙攣ですね。熱中症には

その他に熱疲労、熱射病があります。これらはそれぞれ対処法が異なるんですね。一般的な

熱中症の対処法は水分を補給することで知られているんですが、熱中症の痙攣の場合には、

水だけを補給してしまうと、逆に悪化してしまう恐れがあるんです。

 

熱中症の3つのタイプの一つである熱痙攣は、炎天下で運動したり、室温が暑い部屋などに

長期間いることで、大量に汗をかいた時に血液中の塩分濃度が低下することで、手足や

腹部などの筋肉が痙攣を起こすんですね。その際は痛みが生じることもあるんです。これは

汗をかいた時に水分だけでなく、塩分などミネラルも同時に放出してしまうからで、

ミネラル不足によって筋肉が痙攣しやすくなるんですよね。大量に汗をかいた時に、手足や

腹部が急に痙攣したら熱痙攣の疑いがありますよ。

 

また熱痙攣は痙攣だけでなく、頭痛や吐き気、めまいが生じることもあるので注意が

必要です。熱痙攣は前述したように、水分の他にミネラルも失われている状態なので、

水だけの水分補給だと血液中の塩分の濃度が薄くなってしまうため、症状が悪化して

しまいます。したがって、水分補給をするときには真水ではなく、食塩水やミネラルが

含まれているスポーツドリンクで水分補給するようにしてくださいね。水分とともに

ミネラルも補給できたのなら、しばらく安静にしていれば、熱痙攣は回復に向かいますよ。

 

ただもし水分とミネラルを補給したのにもかかわらず、症状がよくならない場合は、熱射病

発症している恐れがあります。通常熱痙攣では体温が上昇することはないので、体が熱く

なっていたり、意識不明の状態であれば、至急救急車を呼んでくださいね。

 

熱痙攣の予防法は、イコールの熱中症の予防となるので、まずこまめな水分補給を欠かさない

ようにしてくださいね。運動をする時にはスポーツドリンクなどミネラルを補給することを

忘れないようにしましょう。そしてくれぐれも無理をしないでください。体調が悪かったり、

体に違和感を感じらのなら、無理をせずに涼しい場所で休みましょう。また体調が悪く

なかったとしても、意識的に休憩を取ることは大切ですよ。

熱中症の痙攣の原因はなに?

熱痙攣の原因は気温と湿度によるところが大きいです。高温多湿の場所に長時間いる場合、

熱疲労が起こりやすく、特に子どもや高齢者、寝不足だったり披露が溜まっていたりすると、

熱痙攣や熱射病など熱中症にかかりやすいので気をつけてくださいね。また一度熱中症に

かかった人は、再度熱中症にかかる可能性が高いので注意してください。


スポンサードリンク

熱中症の痙攣に薬は効果がある?

熱中症の痙攣に対しての薬の効果は期待できません。それどころか、かえって悪化させて

しまう可能性があるんです。そもそも熱中症に効果のある薬などはないので、薬の服用は

避けてくださいね。しかし、回復後の栄養補給としての栄養剤を摂る分には問題ありません。

その時にはビタミンB群が含まれた栄養剤が良いでしょう。ビタミンB群は疲労や体力の

回復に効果があり、ビタミンB群の中でもビタミンB1は、エネルギー源となる炭水化物の

分解や吸収を促すので、食事や水分補給の他に栄養剤で体力回復に務めるのも良いですよ。

まとめ

熱中症による痙攣は熱痙攣と呼ばれる代表的な熱中症の症状です。水分補給をする時には、

水分だけでなくミネラルを摂取することも、忘れないようにしてくださいね。また普段から

のこまめな水分補給と休憩、そしてちゃんと睡眠を取って、疲労をためないように

リラックスする時間を作るなど、日常生活にも気をつけることが、熱中症の予防に

つながりますよ^^

スポンサードリンク

 - 症状 ,