よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

熱中症の症状の対策は?どんな兆候が出る?治療期間はいつまで?

   

熱中症
 

熱中症は夏場など気温が高い状態が長期間続き、大量に汗をかくことで水分や塩分が

不足して、体内の体温調節が低下することで、体内の熱が放出できない状態です。熱中症の

適切な対策を取らないと症状は重篤へと進行し命の危険もあるんです。今回は熱中症の症状の

対策についてあなたにお伝えします。

スポンサードリンク

熱中症の症状の対策は?

熱中症の症状の対策ですが、まず暑さに負けない体を作ることが大切です。また日常生活の

中で暑さ対策をしたり、炎天下で作業や運動する時には熱中症にならないための防衛策を

しましょう。まず水分補給はこまめにしてくださいね。のどが渇いていなくても定期的に

水分を補給することが大切ですよ。スポーツドリンクなどはミネラルや糖分を含んで

いるので、体内に水分が吸収しやすいんです。

 

そして水分と同様に塩分も摂る必要があります。大量の汗をかくと、水分だけでなく塩分も

不足するので、日々の食事の中で塩分を摂るようにしましょうね。また睡眠は熱中症対策には

重要で、睡眠時の環境にも気をつけたいところですね。睡眠時に熱中症にならないなために、

クーラーや扇風機を適度に使用したり、通気性や給水性の良い寝具を使用するなどして、

快適に睡眠できるようにしましょう。睡眠不足は熱中症の原因にもなるので、しっかり

眠れることで熱中症の予防となりますよ。

 

そして1日3食、バランスの取れた食事を心がけてくださいね。きちんとした食生活と

しっかり睡眠を摂ることで、熱中症にかからない体を作ることが出来ますよ。日常生活でも

暑さに対しての対策を立ててください。夏場など暑い時期には気温と湿度を常に確認する

ようにしましょう。これは屋外へ出かけるときだけでなく、室内にいる時でも同じです。

自分がいる場所の環境を常に気にするようにしてくださいね。

 

もし気温や湿度が高い場合には、室内であれば風通りをよくすることで、気温も湿度も

ある程度下げることが可能です。そして、クーラーや扇風機を効果的に使ってくださいね。

近年では節電という意識がとても強くなりましたが、過度の節電の意識は命の危険にも

関わります。暑さを我慢するのではなく、暑さを解消する工夫をしてください。

 

暑さを工夫する中で室内自体の気温や湿度を下げるだけでなく、衣服を工夫する事も

できますよね。衣服は通気性の良い物を選ぶだけで違いますよ。通気性の良い素材は

麻や綿などですね。また下着は通気性や吸水性の良いものを選びましょうね。

 

また冷却グッズを使用するのもよいですよ。冷却シートや氷枕など色々な冷却グッズが

あります。日々使用できるものから就寝時に使用するものまで、用途に分けて使用すると

良いでしょう。特に冷却スカーフなど首筋を冷やすグッズは、体を効率的に冷やすことが

できるのでおすすめです。また就寝時に暑さで寝苦しかったら塩枕はどうでしょうか。

塩枕は睡眠時に頭を冷やしてくれるんです。また冷やしをもっと強くしたい場合には、

冷蔵庫で冷やして使用できますよ。

 

 

炎天下で作業したり、遊んだり、運動する時には特に熱中症対策をする必要がありますよね。

前述したようにこまめな水分補給が大切なので、気づいた時に水分補給できるように、

飲み物は持ち歩いてくださいね。また無理は禁物です。こまめな水分補給と同じくらい

こまめな休憩が大切ですよ。炎天下で何か活動する時には、適度に休憩を取ってくださいね。

また熱中症指数を確認することで、どれだけ熱中症にかかる危険性があるかを

認識できるので、テレビやインターネットなどで熱中症指数を確認しましょう。

熱中症の症状はどんな兆候が出る?

熱中症には兆候となる症状があるんです。このような症状が現れ始めたら、熱中症の危険が

あるのですぐに対処しましょう。熱中症の疑いのある兆候は、まず手が冷たくなっている、

皮膚がカサカサしている、めまいや立ちくらみが起きる、脈が速くなる、唇がしびれる、

筋肉痛や筋肉の痙攣などで、これは熱中症の中の熱失神や熱痙攣の症状ですね。


スポンサードリンク

また汗のかき方でも兆候は見て取れます。全く汗をかいていなかったり、逆に拭いても

拭いても汗が止まらないなど、汗のかき方が異常であれば、熱中症の危険がありますよ。

また指の爪を押してピンク色に戻るのに3秒以上かかったり、手の甲の皮膚を引っ張って、

元に戻るのに3秒以上かかる場合には、熱中症の恐れがありますよ。

熱中症の症状の治療期間はいつまで?

熱中症の症状の治療期間は個人差がかなりあるので、一概には言えませんが、早い人で

あれば2,3日で完全に回復するのですが、1週間以上掛かる人もいるんです。この

治療期間の差があるのは、熱中症にかかった時の体の状態によるもので、体調もよく健康体で

あれば、熱中症にかかって2,3日で回復しますが、風邪気味であったり、睡眠不足だった

場合には時間がかかってしまうんですね。治療して熱が下がり、その他の症状が治まっても

油断しないようにしてくださいね。一度熱中症にかかってしまうと、再度熱中症に

なりやすいと言われているので、完全に回復するまでは安静にしていましょうね。

まとめ

熱中症の対策は、日常の生活から暑さ対策の意識を持つことです。熱中症の兆候が現れたら

無理せず、涼しい場所で安静にして回復するのを持ちましょう。症状が悪化するようなら

救急車を呼びましょう。

スポンサードリンク

 - 症状 ,