よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

子供の熱中症の処置は?初期症状は?翌日になって発症する?

   

熱中症
 

夏場など気温が高い時には熱中症に気をつけなければなりませんが、子供は体温調節機能が

未熟なため、特に熱中症になりやすいので注意しなければなりません。また炎天下で遊んだ

日は症状は見れれなくても、翌日は発症することもあるんですね。今回は子供の熱中症の

処置や初期症状についてあなたにお伝えします。

スポンサードリンク

子供の熱中症の処置は?

まず子供は体温調節機能が未発達なため、上手に汗をかく事が出来ず、また体内の水分が

大人よりも多いため、外の気温に影響されやすいんですね。このようなことから子供は

熱中症にかかりやすいので、大人が気をつけなければなりません。また屋外だけでなく

室内でも熱中症にかかることもあり、また車内に子供を残して用事を済ませる親御さんも

いますが、車内でクーラーをかけっぱなしであっても、高温になることがあるので

注意してくださいね。

 

まず処置の前に症状から熱中症かどうか判断してください。めまいや立ちくらみ、吐き気、

頭痛など熱中症の症状はありますが、これらだけだと風邪など他の症状にも見て取れます。

したがって、熱中症かどうかは皮膚がカサカサに乾燥していたり、大量の汗、または逆に全く

汗をかいていない、顔面蒼白だったら熱中症の可能性が高いですよ。特に

スポーツしているのに全く汗をかいていなかったり、受け答えの反応が鈍かったら、すでに

熱中症にかかっている可能性が高いのですぐに処置してくださいね。

 

まず症状が軽いめまいや頭痛だけなら、服を緩めて涼しい場所に移動して休ませましょう。

横にさせた時に頭を低くして休ませましょう。またスポーツドリンク等で水分補給をして

くださいね。次に倦怠感や意識が朦朧としているのなら、熱中症の中等度の症状なので、

重症化させないために水分補給をこまめにゆっくり行い、涼しい場所で濡れたタオルや

氷などで首筋や脇の下など太い血管がある箇所を冷やしましょう。そして病院を受診すると

良いですよ。

 

そして、体温が40度を越すような高熱で、意識障害や全身の痙攣が起きたら、熱中症が

重症化しているので、命の危険があります。すぐに救急車を呼んでください。救急車が来る

まで前述したような処置をして、救急車が到着するのを待ちましょうね。

 

子供が熱中症にかからないためには、水分補給をこまめにして、涼しい場所でこまめに休憩を

取りましょう。また衣類は通気性や吸水性の良いものを選び、熱がこもらないようにして、

おしっこの量や回数を気にしてあげてくださいね。またベビーカーで移動する時には、

長時間炎天下に放置しないように注意してくださいね。

子供の熱中症の初期症状は?

子供が熱中症を初期症状で見分けてください。前章でもお伝えしましたが、皮膚が乾燥して

カサカサになって、弾力性がなくなっていたり、口や鼻の中が乾いている、舌が白っぽく

なっているなどが熱中症の初期症状なので、注意して観察しましょう。また大量に汗を

かいていたり、手足が熱い、逆に手足が冷たい状態も熱中症の可能性があるので

気をつけてくださいね。


スポンサードリンク

子供の熱中症は翌日になって発症する?

熱中症は翌日になって発症することがあります。前日炎天下の中遊んでいたり、水分不足で

あったため、翌日に熱中症の症状が現れる事があるんですね。特に脱水症状のような症状が

現れることがあるので、気をつけてくださいね。子供にそのような症状が見受けられたら、

水分補給そして様子を見てください。熱中症は知らない内に進行し、気づけば重症化して

いることが多いので、子供に体調を聞いてあげましょう。子供は自分の体調の変化に

気づきにくいため、大人が気にしてあげることが大切ですよ。

まとめ

子供の熱中症の処置は大人の処置と変わらないですが、子ども自身が体調の変化に

気づきにくいので、大人が注意して観察してあげてください。また体調はどうか

声掛けすることも大切ですよ^^

スポンサードリンク

 - 子供・高齢者 ,