よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

子供の熱中症は睡眠時にも注意!夜に発熱する?クーラーの使い方は?

   

熱中症
 

子供は熱中症にかかりやすく、日中はもちろん夜の睡眠時にも注意が必要です。熱中症に

よって発熱することもあり、クーラーなどを効果的に使って熱中症対策しましょう。

今回は子供の睡眠時の熱中症について、またクーラーの効果的な使い方について

あなたにお伝えします。

スポンサードリンク

子供の熱中症は睡眠時にも注意!

熱中症が起こりやすい夏場の夜は熱帯夜になることも多く、特に子供は熱中症に

かかりやすいので注意が必要ですよ。睡眠時は熱中症に対して無防備になってしまうため、

睡眠時に熱中症にならないために予防策を講じましょう。

 

まず睡眠時に脱水症状にならないために、寝る前にコップ一杯程度の水分を子供に飲ませて

おきましょう。人は睡眠時大量の汗をかきます。さらに子供は大人よりも汗を

かきやすいので、水分補給を適切に行なっているかがポイントとなるんですよね。また

寝ている時も子供の様子を見て、大量に汗をかいているようなら、子供を起こして水分補給を

させましょう。このように子供が寝ているときは、時々様子を見るようにしてください。

普通に寝ていると思ったら、大量に汗をかいていて脱水症状になりかけていた、

ということもあるので注意してあげてくださいね。そして起きた時にもすぐに

水分補給しましょうね。

 

また睡眠時になるべく汗をかかないことも重要です。したがって、着るものや寝具も通気性や

吸水性の良いものを選ぶようにしてください。また子供が寝ている部屋の温度や湿度にも

注意しましょう。そして、次章でお伝えしますが、クーラーも効率的使うことで、熱中症を

防ぐことが出来ますよ。

熱中症対策で夜のクーラーの効果的な使い方は?

クーラーを効率的に使うことで熱中症を予防しましょう。クーラーを使用することは子供の

睡眠時の熱中症対策では必須なんですよね。しかし夜の睡眠時のクーラーは体を冷やし

すぎて体調を崩したり、また体温が必要以上に下がってしまうと、体は体温を上げようと

活動してしまうので体の休息にならない、と言われることもあるんですね。ただそのために

クーラーを睡眠時に使用しないことは、熱中症の危険が高まるため、室温が30度を超える

場合には、クーラーを使用してくださいね。


スポンサードリンク

睡眠時にクーラーを使用する時には、タイマー設定にするのと、つけっぱなしにするのと、

2つの使い方がありますよね。節電や健康の面から見るとタイマーが良いように感じるかも

しれませんが、クーラーのタイマーが切れると急激に室温は上がり、特に30度以上の

熱帯夜の時には、大人であれば目が覚めてしまう位の暑さになってしまいます。子供の場合は

暑さの影響を受け易いので、脱水症状を起こす可能性が高いんですね。また節電と言っても

タイマーが切れて、再度クーラーを稼働させるのは節電効果が期待できません。そもそも

クーラーは稼働し始めが一番電気を消費するんですよね。

 

このようなことからつけっぱなしの方が良いんです。体調を崩さないために28度位

温度設定して、快眠のためにはドライより冷房にしてください。設定温度を低くし過ぎると

体調を崩す恐れもあるので、ちょっと暑いかな、というくらいが調度良いですよ。

 

また風向きは水平か上向きにして、子供に直接風が行かないようにしてくださいね。

特に風向きを水平にすると、部屋全体が適度に冷やされるので体に優しい仕様法ですね。

また可能であればクーラーを使用する前に、一回窓を開けて空気を入れ替えましょう。

これだけでクーラーの効き目が良くなるんですよね。

熱中症で子供は夜に発熱する?

子供が寝ている時に熱中症が原因で熱を出す場合があります。特に急に38度以上の高熱が

出たら熱中症の可能性が高いので、すぐに病院を受診しましょう。また普段から子供の

体温の把握はしておいて方が良いですよ。体温は一日のうちで変動があり時間によって

変わってきます。したがって、朝起きた時、午前、午後、夜の4回体温を測って、子供の

平熱を把握しておいてくださいね。そして、日をおいて何回か体温を測るとより正確に

測定できますよ。

 

またもし熱がそれほど高くなくても、様子を見るようにしてください。食欲が無かったり、

機嫌が悪かったりしたら、注意しましょう。また発熱していなかったとしても、おしっこの

回数が減っている場合は、脱水症状を引き起こしている可能性があるので注意してくださいね

まとめ

睡眠時の子供の熱中症対策としては、寝る前と起きた時に水分補給をすることです。また

睡眠時でも様子を見て適宜水分補給をしましょう。また衣類や寝具も熱のこもらない素材を

用いて、クーラーを効果的に使用して、睡眠中の子供を熱中症にさせないように

してくださいね^^

スポンサードリンク

 - 子供・高齢者 ,