よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

高齢者の熱中症時の水分の取り方は?予防は食事で!グッズは?

   

熱中症
 

高齢者の熱中症対策で重要なのは水分補給ですが、水分のとり方にポイントがあります。

また予防は食事でも可能なので、熱中症に対して効果的な食事をしてくださいね。

今回は高齢者の熱中症時の水分の取り方や食事についてあなたにお伝えします。

スポンサードリンク

高齢者の熱中症時の水分の取り方は?

熱中症対策で水分補給はとても重要であり、高齢者の場合には特に注意しなければ

なりません。しかし、ただ単純に水分を摂れば良いというわけではなく、飲むタイミングや

量など、水分の取り方が重要なんですよね。まず高齢者の場合の水分補給はのどが渇く前に

行いましょう。

 

汗をかいた時やのどが渇いた時の水分補給はもちろん大切なのですが、のどが渇いた時には

すでに体内の水分が減っている状態で、特に高齢者の場合には喉が渇く感度が低下している

ので、気づくと脱水症状に陥ってします危険があるんですね。そのため、基本的には喉が渇く

前に水分を取ることが大切なんです。

 

そして水分補給は意識して摂るようにしてくださいね。1時間に1回は水分補給をしましょう。

一回に水分補給する量は、100mlから200ml程度で構いません。一度に大量に

水分補給することは、体内への吸収が悪く食欲不振のきっかけになってしまうので、

良くないんですよね。また前述したように高齢は喉が渇く感度が低下しているので、意識して

水分補給をしていかないといけません。高齢者は喉が渇いたと感じたのなら、既に軽度の

脱水症状に陥っている状態なので、家族など周りの人たちが水分補給を促したり、

見守るようにしましょう、

 

入浴前後にも水分補給をしておきましょう。これは入浴することで汗をかき、水分が失われる

ためで、入浴方法もお湯の温度は40度以下に設定して、短時間の入浴を心がけてくださいね。

また就寝前も水分補給は大切です。高齢者の中には夜中にトイレに行くことがないように、

水分補給を避ける人もいますが、熱中症にかかる危険があることを周りの人がしっかりと

伝えて就寝前の水分補給を促しましょう。また朝起きた時も寝ることで失われた水分を

補給しましょうね。

高齢者の熱中症の予防は食事で!

熱中症の予防を食事でもしてみましょう。熱中症に効果的な食事はミネラルやビタミンを

多く含んだものが望ましいですね。特に梅干しは塩分とミネラルが豊富なので、

熱中症対策にはとても効果的な食べ物です。また梅干しには疲労回復効果もあるので、

夏バテ対策としても効果がありますよ。


スポンサードリンク

そして、食事には必ず汁物をつけてくださいね、スープや味噌汁など汁物で水分補給が

できるし、特に味噌はナトリウムが多く含まれているので、味噌汁が熱中症に効果のある

食事といえますよね。またバナナもミネラルが多く含まれていて、消化も良いので高齢者には

おすすめですよ。

高齢者の熱中症時のおすすめグッズ!

高齢者の熱中症時のグッズは、スカーフや水冷マット、ドリンクなど色々ありますが、一番の

おすすめは「熱中症みはりん坊」という、便利グッズです。この「熱中症みはりん坊」は、

熱中症指数、温度、湿度、時刻を同時に表示してくれて、熱中症指数によってアラームが

鳴って、熱中症になる危険がある環境ということを知らせてくれます。

 

高齢者は前述したように喉の渇きの感度が低下していて、人によっては熱中症の初期段階の

状態でも、気づかない高齢者もいたりするんですよね。「熱中症みはりん坊」で室内の状況を

把握できるので、アラームが鳴ったらクーラーを付けて室内の温度を下げ、水分補給を

しましょうね。

 

まとめ

高齢者の水分の取り方は、喉が渇く前に水分補給をすることがポイントです。

また入浴前後や就寝前、起床時にも水分補給をしましょうね。^^

スポンサードリンク

 - 子供・高齢者 ,