よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

花粉症の症状での目のかゆみや腫れ、充血の対策はどうする?

      2016/01/23

花粉症
 

花粉症の症状として挙げられるのが目のかゆみですよね。目のかゆみは、

花粉が目につくことで花粉を除こうとする免疫反応で、目のかゆみの他に、

充血したり目が腫れたりします。今回は花粉症の症状の目のかゆみや腫れ、

充血の対策についてあなたにお伝えします。

スポンサードリンク

花粉症の症状目のかゆみの対策は?

花粉症の症状の目のかゆみは、花粉が目につくことで花粉を除こうとする免疫反応で、

花粉に対してアレルギー反応を起こし、炎症が起こるアレルギー性結膜炎です。

花粉などのアレルゲンが目に付着すると、免疫に関係する細胞が刺激を受けてしまい、

ヒスタミンという物質が発生します。このヒスタミンが目の知覚神経などを刺激して、

目に強いかゆみを引き起こすんですね。

 

したがって、花粉症での目のかゆみを抑えるためには、ヒスタミンの働きを抑えれば、

目のかゆみの症状を和らげることができるんです。

 

通常目のかゆみには目薬が効果的で、花粉症での目のかゆみも同じです。かゆみに

我慢できずに、目を手で擦らにようにしましょう。手で擦ってしまうと、目の表面を

傷つけてしまう恐れがあるので気をつけてくださいね。

 

目薬ですが、かゆみを抑える為の目薬にしないと効果がありません。目のかゆみの原因

となるヒスタミンの働きを抑える、クロルフェニラミンマレイン酸塩が含まれている

目薬が良いのですが、花粉症などアレルギー性結膜炎の場合には、

クロモグリク酸ナトリウムという成分が入った目薬がヒスタミンの発生を

抑えてくれるので、花粉症での目のかゆみなら、より効果的ですよ。

花粉症の症状目の充血の対策は?

花粉症の症状での目の腫れについてですが、原因は目のかゆみと同じく、花粉が目に

付いたことによるアレルギー反応で、目がかゆくなった時に目を擦ってしまうと結膜が

充血して、目が真っ赤になってしまうんですね。


スポンサードリンク

目の充血の対策ですが、目薬ももちろん効果的ですが、まずあなたの顔の表面に

ついている花粉を落とすために洗顔しましょう。ぬるま湯で優しく肌表面の汚れを

落としてください、これは予防にもなるんです。

起床時や帰宅時など、手を洗う時と同じタイミングで洗顔すると良いですよ。

 

また市販されている目の洗浄薬などで、目を清潔にすることも大切ですね。ただ充血など

目の症状が気になるからといって、洗浄薬の使いすぎには注意してくださいね。

というのも、洗浄しすぎて、眼球を保護している潤いが、足りなくなってしまう恐れが

あるからなんです。なので、回数を守って洗浄薬を使用してくださいね。

 

このように目薬だけでなく、日頃の洗顔や市販の洗浄薬でも対策、予防ができるので

ぜひあなたの生活習慣に取り入れてみてくださいね。

花粉症の症状目の腫れの対策は?

花粉症の症状での目の腫れについてですが、これも原因は目のかゆみと同じく、

花粉が目に付いたことによるアレルギー反応です。目がかゆくなった時に目を

擦ってしまうと充血だけでなく、腫れる原因にもなってしまうんですね。

 

目の腫れの対策ですが、一番はまぶたを冷やすことです。氷水にタオルをひたし、

1時間おきにまぶたに当てると効果的ですよ。濡れたタオルをまぶたに当てる事で、

90%の人が腫れやかゆみが治まると言われています。

 

また横になって、ティーパックをまぶたに乗せて、10分間程放置してみてください。

血管を引き締めて腫れを抑えてくれますと。またティーパックを目のうえに乗せると、

目の疲れが取れると言われているので、花粉症での症状だけでなく、仕事などで目が

疲れたら、実践してみると良いでしょう。ひとつ注意して欲しいのが、液体が目に

入らないようにしてくださいね。ティーパックは暖かいものでも、

冷えたものでもどちらでも構いませんよ^^

まとめ

花粉症での目の症状の対策は目を清潔にして、花粉が付着しないようにすることです。

また花粉症で目が痒くなったり充血したら、ぜひ参考にして対策してみてくださいね。

スポンサードリンク

 - 症状 ,