よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

熱中症予防の飲み物はこれ!温度に注意!飲料水の作り方は?

   

熱中症

熱中症の予防には水分補給が必須ですが、飲み物によって効果に違いがあるので、

どれを飲んでも良い、というわけではなく、また飲み物の温度にも注意が必要なんですよね。

今回は熱中症予防の飲み物についてあなたにお伝えします。

スポンサードリンク

熱中症予防の飲み物はこれ!

熱中症予防の飲み物といえばスポーツドリンクですよね。スポーツドリンクにはナトリウム

含まれていますが、熱中症対策ではナトリウム濃度が、標準の血液濃度に近い飲み物が有効と

なるんですね。ただスポーツドリンクには糖分も多く含まれているので、あまり飲み過ぎる

のも良くありません。したがって、スポーツドリンクはその名の通り、運動後など大量に汗を

かいた時に飲むと良いでしょう。

 

そこで普段からの熱中症対策としての飲み物だったら、経口補水液がよいでしょう。CMでも

OS-1という名前で宣伝していますが、経口補水液は脱水状態に適した飲み物で、

ナトリウムやカリウムをたくさん含んでいます。したがって、熱中症の予防としてだけ

でなく、軽度から中等度の熱中症にかかった時の水分補給としても、効果が

期待できるんですね。

 

 

また熱中症対策の飲み物は、スポーツドリンクや経口補水液だけではないんです。牛乳には

ナトリウムはあまり含まれていないのですが、アルブミンというたんぱく質が含まれていて、

このアルブミンは血管に水分を取り込み、血液を増やす作用があるんですね。血液が増えると

汗をかきやすくなるので、体の体温調節機能が促進します。熱中症は体温調節機能が低下して

しまうことで、体の熱が上昇してしまうために起こる症状なので、牛乳を飲むと熱中症の

予防になるんですね。牛乳は運動後に飲むと効果的で、運動後がコップ1杯の牛乳を飲み

続けると血液量が増加して熱中症対策になりますよ。

 

他にもミネラル入麦茶も熱中症の予防にはおすすめです。大量に汗をかくことで水分や

ミネラルが不足し、その結果、熱中症となってしまうので、ミネラル入り麦茶も

効果的なんですね。ちなみにミネラルは人の体内では作り出すことが出来ないので、

ミネラル入り麦茶も含め、ミネラルが入っている飲み物は、熱中症対策としては

有効なんですよね。

 

また味噌汁も効果的です。味噌にはたくさんのナトリウムが含まれていて、汁物として

摂取することで、ナトリウムを体内に効率的に取り込むことが出来るんです。また

味噌汁ですから水分も同時に補給できるので、熱中症の予防としては最適な飲み物ですよ。

ただ夏場などの暑い時期には、味噌汁は敬遠しがちですよね。郷土料理の中には、冷たい

味噌汁があるんです。一度試してみてはどうでしょう。

熱中症の飲み物は温度に注意!

夏場などの水分補給は冷やされている飲み物の方が、飲みやすいですよね。しかし、あまりに

冷やしすぎた飲み物を大量に飲んでしまうと、胃腸の働きに影響を及ぼして、下痢などの

原因となってしまいます。


スポンサードリンク

ただ誤解しないで欲しいのが、冷やすのは良くないからぬるめで、というわけでも

ありません。水分補給に一番適した飲み物の温度は、5度から15度なので、適度に冷えた

飲み物が最適、ということなんですね。

熱中症予防のための飲料水の作り方は?

熱中症予防のための飲料水の作り方ですが、前述しました経口補水液を自分で作る事も

できるんですよね。作り方はいたって簡単で、水500ml、砂糖20g、塩1.5gを

混ぜるだけです。好みでレモンなどをトッピングしてもよいでしょう。また子供に飲ませる

のであれば、糖分を若干多めにしたり、味が薄かったらはちみつを入れたり、色々工夫が

出来ますよ。屋外で運動したり、活動する人に対して作るのであれば、塩の量を増やして

みたり、飲む人の状況によって配分量を変えるのも良いですよね。

まとめ

熱中症の予防の飲み物はスポーツドリンクだけでなく、今回お伝えしたようなものがあり、

それぞれ熱中症の予防として最適です。温度にも気をつけて適切な水分補給を

してくださいね。

スポンサードリンク

 - 予防・対策 ,