よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

熱中症になりやすい環境とは?時期や場所にも注意が必要!

   

熱中症
 

夏場など暑い時期には熱中症になる確率が高まるのですが、その中で熱中症になりやすい

環境というものがあります。またなりやす時期や場所などもあるので、注意して熱中症に

かからないように対処しましょうね。今回は熱中症になりやすい環境や時期、場所について

あなたにお伝えします。

スポンサードリンク

熱中症になりやすい環境とは?

熱中症になりやすい環境は、夏場など気温が高い時に起こりますが、ただ気温が高い時で

なくても起こることがあるんです。30度以下でも湿度の高さによっては起こって

しまうんですね。気温が26度から28度くらいで湿度が80%以上ある場合には、汗が

蒸発しにくくなります。体は体内の熱を放出するために発汗して、その汗が蒸発することで

熱を下げるのですが、その汗が蒸発しないと熱中症の危険が増してしまうんですよね。

 

人は大体37度の体温を保つようになっていて、37度を超えると皮膚に熱を集めて、汗を

かくことで放熱して体温を下げようとするんです。汗をかいても体温が下がらない時には、

さらに汗をかいて体温を下げようとします。大量に汗をかくと、水分だけでなく塩分も

失われるので、塩分に含まれている体温調節機能に関わるナトリウムが不足して

しまうことで、体温調節機能が働かず、脱水症状を引き起こしてしまうんですね。

 

そのため、熱中症対策の水分補給は水分だけでなく、塩分も取る必要があるんですね。

したがって、真水ではなく食塩水やスポーツドリンクが適しているんです。というわけで、

熱中症になりやすい環境は、湿度が高く体温が下がりづらい環境や、密閉感のある通気性の

悪い体温が下がりにくい環境、そして暑さに慣れていない状態で、炎天下での活動や

作業する環境が挙げられます。

熱中症になりやすい時期とは?

熱中症になりやすい環境を踏まえて、熱中症になりやすい時期ですが、まず真夏で気温が

高温になる時ですよね。8月は日中だけでなく、夜間も熱帯夜になることが多いので、夜間、

睡眠時にも熱中症に注意しなくてはいけませんよ。夜の熱中症対策については、以下を

参考にしてみてくださいね。

熱中症の夜の対策と症状は?快眠するためのエアコン設定のコツ
夏場の夜の睡眠時には、熱帯夜の場合は体内の水分は約500mlも失われてしまうため、 脱水症状の危険があるんですね。このことか...

 

また熱中症は湿度の高い環境下で起こるので、真夏だけではありません。湿度が上がる

梅雨時の晴れ間や、梅雨明け後給に暑くなった時なども注意しなければなりません。梅雨時の

6月後半から7月にかけては、体がまだ暑さに慣れていないので、体が汗をかくことが

上手くできず、体温調節機能が効率よく働かない場合があるんですね。したがって、真夏は

もちろん、6月の梅雨時から熱中症には気をつけなければなりませんよ。


スポンサードリンク

熱中症になりやすい場所とは?

熱中症になりやすい場所で一番多いのが屋内です。特に台所やトイレなど通気性が

無かったり、熱が篭るような場所には注意が必要です。また室内も気温が28度以上で、

湿度が60%を超えている場合には、高温多湿状態ですので、クーラーや扇風機、窓を

開けるなど室内の空気を循環して湿度を下げたり、温度を下げるなど対処してくださいね。

 

一方屋外は炎天下の工事現場や農作業など、長時間作業が必要な場合には気を

つけてください。また屋根のないバス停でバスを待っている時や、信号待ちの場合なども

熱中症に注意が必要ですよ。いつでも水分補給出来るようにスポーツドリンク等の飲料水や、

コンビニなどで売っている汗を拭き取るボディペーパーなどを携帯して、体を冷やす準備を

しておきましょうね。

まとめ

熱中症になりやすい環境は夏場だけでなく、梅雨時も注意が必要で、高温多湿の環境や場所に

注意が必要ですよ。いつでも水分補給できるように準備するなど、熱中症の対策は忘れずに

行いましょうね。

スポンサードリンク

 - 予防・対策 ,