よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

熱中症になりやすい人って?スポーツは?集団でかかるのはなぜ?

   

熱中症
 

夏場になると注意しなければならない熱中症。実は熱中症にはかかりやすい人と

そうでない人がいるんです。また熱中症になりやすいスポーツや集団で発生することも

あります。今回は熱中症になりやすい人やスポーツ、集団発生についてあなたに

お伝えします。

スポンサードリンク

熱中症になりやすい人って?

熱中症になりやすい人は抵抗力や体力が低い人で、乳児や高齢者の発症率が高いんです。

そして、性別では男性の方が多く、これは男性の方が運動や体に負担のかかる作業や、

仕事をすることが多いからだと言われているんですよね。

 

乳児は前述したように抵抗力や体力が弱いためですが、他にも体内の体温調節機能がまだ

発達しておらず、上手に体温調整できません。したがって、真夏日や熱帯夜など気温が

高い日には、体温が高いまま維持されてしまい、熱中症に陥ってしまいやすいんです。また

幼稚園児や小学生くらいの子供も熱中症になりやすいんですよね。これは乳児同様にまだ

体温調節機能が発達していないからなのですが、その上、そもそも子供は汗をたくさかいて、

新陳代謝が活発なため体温が上昇しやすいんです。そして、熱中症にかかっているという

自覚症状が薄いために発見が遅れてしまいがちなので、周りの大人は十分注意して見守って

あげてくださいね。

 

部活などスポーツをする人も熱中症になりやすいんです。これはスポーツすることで、大量に

汗をかくことで脱水症になりやすく、またスポーツをしている最中には体内が水分不足だと

いうことに気づきにくい、というのもあります。スポーツをする際には、定期的に休憩を

取って、こまめな水分補給を忘れずにしましょうね。

 

また農作業や工事現場など、屋外で仕事をしている人も熱中症になりやすいです。特に

工事現場など場所によっては、高温多湿の環境で長時間働くことになりやすいので、熱中症に

かかる確率も上がってきます。作業中でも無理をせずこまめに水分補給をして、休憩を取って

くださいね。

 

高齢者も乳児と同じような理由で熱中症になりやすいんです。高齢者の場合、体温調節機能が

低下しているために自覚しづらく、熱中症だと気づいた時には重症化しているケースが

多いので、周りの人が注意して見守ってあげてくださいね。のどが渇いていなくても、

体は水分不足になっていることもあるので、定期的に水分補給を促すようにしてください。

 

また肥満の人も要注意ですよ。肥満の人は体に脂肪が付いていますが、この脂肪は熱を

伝えにくくさせるので、体外に熱を放出しづらいんです。また肥満の人は運動不足の人が

多いので、汗をかきにくくなってしまい、体温調節が上手く働かないことがあるんです。

また寝不足や空腹の時にも熱中症になりやすいので、規則正しい生活習慣を送ることが

熱中症の予防につながりますよ。

熱中症になりやすいスポーツは?

熱中症になりやすいスポーツは野球やサッカーなど、競技人口が多いスポーツが

発症しやすいのですが、剣道など防具や厚手の衣服を着用するスポーツも、体温が

上昇しやすい服装のため熱中症が発生しやすいんです。またランニングのような長時間に

渡るようなスポーツも、水分補給や休憩が取りにくいため発生しやすいんです。

 

したっがって、スポーツをする時には、無理は絶対にせず休憩と水分補給をこまめに

とってください。体調がすぐれない場合はスポーツするのを止めて、急激に暑くなった日は

スポーツすることを中止する事も検討してくださいね。


スポンサードリンク

熱中症に集団でかかるのはなぜ?

熱中症は集団で発生することもあります。特に学生の体育祭や部活などで起こることが

あります。これは集団で炎天下の中同じくらいの激しさ、時間の運動をしているから

なのですが、集団だからこそ無理をしてしまう、という心理も働きますよね。ですが、

少しでも体調が悪くなったり、違和感を感じたのなら我慢をせずに休憩を取ってください。

また集団活動、集団行動をするうえでは、集団の中で一番体力の低い人、暑さに耐性の

ない人に合わせて行動するようにしましょう。

まとめ

熱中症になりやすい人は乳児や高齢者など身体的に弱い人だけでなく、スポーツをする人や

屋外で仕事をしている人など、熱中症にかかりやすい環境や状況に長時間いる人も

挙げられます。くれぐれも無理をせず休憩と水分補給をこまめに取って、

熱中症にかからないようにしましょうね。

スポンサードリンク

 - 予防・対策 ,