よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

熱中症の応急処置方法は?注意することは?用意すべきグッズは?

   

熱中症
 

熱中症ので重要なのは素早い対処です。熱中症にかかったていることに気づかないで、

重症化してしまうケールもあるので、早期発見して適切な応急処置を行ってくださいね。

今回は熱中症の応急処置の方法や注意点、用意するべきグッズについて

あなたにお伝えします。

スポンサードリンク

熱中症の応急処置の方法は?

まず熱中症にかかっていることに早く気づくことが大切です。夏場の炎天下の中、もしくは

室内でも吐き気や頭痛を発症したら、まず熱中症の可能性があるので適切な応急処置を

行いましょう。

 

具体的な応急処置ですが、まず涼しい場所に移動しましょう。炎天下の屋外にいたのなら

木陰など直射日光に当たらない場所へ、室内であればクーラーの効いた部屋に

移動してください。

 

次にベルトを緩めたり、ネクタイやボタンを外すなど衣服を緩めて楽な状態にしましょう。

そして体の熱を冷ますために冷やしてください。水に濡らしたタオルや氷などで、

首筋や脇の下など太い血管が通っている箇所を冷やすと効率よく体温が下がりますよ。

 

そして水分補給をしてください。スポーツドリンクなどミネラルや塩分の入っている飲み物

水分補給してくださいね。症状に回復が見られなかったり、症状がひどい場合には速やかに

救急車を呼びましょう。

熱中症の応急処置で注意することは?

前章でお伝えしたような応急処置を行って対処するのですが、応急処置の際に注意して

欲しいのが、熱中症にかかった人の意識があるかどうかです。まず第一に意識確認を

してください。熱中症の症状は気づくとすぐに重症化してしまう恐れがあります。

意識が喪失していたり、朦朧として受け答えがおかしい場合には危険ですので、速やかに

救急車を呼びましょう。


スポンサードリンク

救急車が来るまでの間も応急処置をしましょうね。応急処置をすることで症状の悪化を防ぎ、

後遺症の有無にも影響していくので、いずれにしても応急処置は大切ですよ。

熱中症の応急処置に用意すべきグッズは?

熱中症の応急処置に用意すべきグッズですが、イザという時のために応急処置に必要な

道具を用意しておくと良いでしょう。体温計やタオル、うちわの他に食塩や

折りたたみバケツ、袋を叩くと冷える瞬間冷却パックなど、体を冷やすものを用意して

おくと良いでしょう。もちろんスポーツドリンク等の飲料水は必ず用意しておきましょうね。

まとめ

熱中症の応急処置は、まず意識の有無を確認して適切な処置を行ってください。熱中症は

発症している事に素早く気づき、適切な処置を行うことで悪化するのを防ぎ、後遺症が

残るかどうかにも影響してきます。熱中症にかかったらしかりと応急処置をしましょうね。

スポンサードリンク

 - 予防・対策 ,