よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

夏バテの対策は食事から!効果のある栄養素は?どんな工夫がある?

   

夏バテ
 

夏になると食欲が落ちてしまう、夏の暑さのせいで体調不良になってしまう、このような

症状は夏バテの可能性があります。夏バテは食事で対策できるんですよね。今回は食事から

夏バテ対策することについて、また効果のある栄養素や工夫についてあなたにお伝えします。

スポンサードリンク

夏バテの対策は食事から!

夏バテの対策は食事でできるんです。夏バテに効果的な食べ物は、卵や豆腐、肉類やレバー、

みかんやレモンなどの柑橘系も良いと言われています。夏バテになったらとにかく栄養を

しっかりと摂り、体を休ませることが大切です。そして涼しい環境で栄養のある食事を

しましょう。

 

夏バテになると消化機能が低下し、食欲不振になりがちです。夏場の食事がそうめんや

冷やしうどんだけ、ということもありがちなのではないでしょうか。しかしこのような

食事だけでは、たんぱく質やミネラル、ビタミンが不足してしまうので、栄養のバランスの

取れた食事が望ましいんですね。バランスの取れた食事をしないと、体調を崩しがちに

なったり、体力が落ちてしまいます。夏を乗り切るためにも、1回の食事で主食やおかず、

野菜、果物、乳製品を取れるバランスの取れた食生活を送りましょう。

 

夏バテに効果的な野菜の中で、冷やしたトマトは食欲が増すんですよね。トマトには神経を

鎮める効果もあり、夏バテには効果的な野菜なんです。食欲が無いのときには、食事の前に

トマトを食べると効果的ですよ。トマトはトマトジュースやトマトスープなど色々調理

できるのでおすすめです。

 

他にも夏バテには柑橘類が効果的です。柑橘類には疲労回復の効果が期待できて、

水分も十分に補給できますよね。また柑橘類の酸味には食欲を促す効果もあるので、

夏の暑さに疲れた体を柑橘類で癒やしましょう。

夏バテ対策の食事の効果のある栄養素は?

夏バテに効果のある栄養素はビタミンB群が挙げられます。豚肉や豆腐などに含まれている

ビタミンB1は糖質を分解してエネルギーに変換する働きがあって、ビタミンB1が

不足してしまうと疲労を感じやすくなり、食欲不振にもつながります。ビタミンB2は

納豆や卵、牛乳などに含まれていて発育のビタミンとも呼ばれている栄養素なんですね。

タンパク質やエネルギーを体内で効率よく働かせるために必須な栄養素です。ビタミンB6は

魚介類や牛乳、豆腐などに含まれていて、タンパク質の代謝には欠かせない栄養素です。


スポンサードリンク

またビタミンB群だけでなくビタミンCもストレスを緩和する働きがあり、柑橘類や野菜に

含まれている栄養素です。柑橘類はビタミンCの他にもクエン酸も含まれていて、

クエン酸は新陳代謝を活発にし、疲労物質の乳酸を少なくさせる効果があるんです。

クエン酸を摂ることで疲労回復を早まるので夏バテの時には、積極的に摂りましょうね。

夏バテ対策の食事の工夫は?

食事を工夫して夏バテ対策すると良いですよ。前述したように栄養のバランスが取れた

食事をすることが基本となるのですが、どうしても食欲が無い時には、味付けや食材を

工夫してみたり、少ないメニューで栄養素が多く取れるようにしたりしてみてくださいね。

 

味付けの工夫は辛味や酸味で味付けを変えてみたり、にんにくやしょうがなど香味野菜を

利用するのも良いですよ。食材もとろろを使用したり、あんかけ料理やスープ料理など

食べやすい料理にすると、食欲不振の時でも食べやすいのではないでしょうか。

まとめ

夏バテは栄養バランスの取れた食事で対策できます。夏バテの時に効果的な栄養素が

含まれている食材を取り入れた食事をするようにしてみてくださいね。また食欲が

無い時にも味付けや食材を工夫することで、栄養が取れた食事ができるので、是非食事で

夏バテ対策をして暑い夏を乗り切ってくださいね^^

スポンサードリンク

 - 対策 ,