よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

夏バテの対策にはエアコンが良い?使い方と寝る時の使用法は?

      2016/09/30

夏バテの対策にエアコンを使用するのが良いとも悪いとも言われているのですが、

エアコンの使い方で良し悪しは変わってきます。そして、寝る時のエアコンの使い方にも

気をつけて、夏バテ対策にエアコンを有効活用しましょう。今回は夏バテ対策に

エアコンについてあなたにお伝えします。

夏バテの対策にはエアコンが良い?

487a2aa279709dcaba936da78bfa1e06_s

夏バテの対策にエアコンは効果的なのですが、使い方次第では夏バテ症状を加速させてしまう

原因ともなってしまうんです。そもそも人体は暑くなれば、汗をかくことで体内の温度を

下げ、逆に寒い時には血管を収縮させて体内の熱を放出しないようにするんですね。

 

ここでエアコンを効かせすぎてしまうと、屋外との温度差が激しくなってしまい、自律神経の

バランスが崩れてしまうんですよね。自律神経のバランスが崩れてしまうと、血行が悪く

なったり、倦怠感や頭痛、さらには夏風邪をひいてしまうこともあるんです。したがって、

エアコンを使用する時には室内を冷やし過ぎないようにしましょう。

スポンサードリンク

 

自宅では設定温度を28度にしましょう。少し高いと思うかもしれませんが、少し暑いかな

っていうくらいの温度が体にとって一番負担のない温度なんですよね^^

 

またオフィスの場合、男性はスーツを着ていることが多いですが、スーツを着ている状態で

快適と感じる温度は20度なので、設定温度が28度だと8度も差があるんです。したがって、

職場では28度以下に設定されていることもしばしばありますよね。このような環境だと

女性は冷えすぎてしまうので、ひざ掛けにパシュミナのような薄手を利用すると

良いでしょう。

 

また昼休みに外に出ることも効果的です。肘を伸ばしたり肩を回したりするなど

ちょっとしたストレッチをするだけでも、毎日続けていれば代謝が落ちなくなるので、

夏バテの対策になりますよ。何より気分転換になるので是非試してみてくださいね^^

夏バテの時のエアコンの使い方は?

d7540395963288edc3a0c8576932c0b8_s

夏バテの時のエアコンの使い方は前章でも少しお伝えしましたが、もう少し詳しく

お伝えしますね。日中に使用する場合にエアコンを使用して室内の温度を下げることは、

夏バテ対策だけでなく、室内の熱中症の対策にもつながります。ここでのポイントは

体調やその日の天候で体感温度は変化するので、その都度適した温度を設定してくださいね。

 

また帰宅してすぐにエアコンを使用するのではなく、窓を開けて空気を入れ替えましょう。

空気を入れ替えることで、室内にこもった熱を室外に放出できます。これはたとえ暑い日で

あっても、屋外のほうが熱のこもった室内よりも温度は低いので、一見意味が無さそうに

思われがちですが効果的ですし、空気を入れ替えてからエアコンを使用したほうが

効きもいいので経済的ですよ。

 

そしてエアコンを入れたら室内が冷えるまでにシャワーを浴びると良いですね。汗を流して

さっぱりすると、エアコンで過度に冷やさなくても快適に感じることが出来るんです。

夏バテの時のエアコン寝るときはどうする?


スポンサードリンク

寝る時にエアコンを使用する時も使い方に気をつけてくださいね。まずエアコンを一晩中

つけるのは体に良くないです。これは眠りについてから3時間はノンレム睡眠の状態に

なるのですが、この状態は脳が休んでいる状態なので、体内の体温調節機能は働きません。

したがって、体が冷えすぎてしまうんですね。

 

また日中に設定した温度で寝てしまうと、体に負担がかかってしまう恐れがありますよ。

これは睡眠中は体温が低下するので、眠りを浅くしてしまい抵抗力が低下している状態の

体を冷やしてしまうため体に負担がかかってしまうんですよね。

 

そして、その日の温度によってタイマーの時間を変えましょう。エアコンの付けっぱなしは

よくないので、タイマー設定するのが良いですが、例えば、比較的涼しい日はタイマーを

30分に、暑い日はタイマーを2時間にするなど工夫してくださいね。

 

またエアコンに除湿機能がついていれば使用するようにしてください。夏場の寝苦しい

原因は温度より湿度なので、除湿機能を使用するだけで快適に寝ることが出来ることも

あるんです。

まとめ

夏バテの対策にはエアコンを正しく使うことです。また除湿することでかなり快適に

過ごすことができるので、除湿機能があれば使うようにして、室内を冷やし過ぎないように

注意してくださいね。

スポンサードリンク

 - 対策 ,