よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

花粉症の症状鼻水を止める方法は?胃痛や肌荒れにもなる?

      2016/02/20

花粉症
 

花粉症の代表的な症状といえば鼻水ですよね。とても息苦しいし、寝るときになっても

鼻水が止まらなくて辛いですよね。今回は花粉症の鼻水を止める方法についてお伝えします。

また花粉症の症状には胃痛になったり、肌が荒れたりもするので、

こちらも合わせてあなたにお伝えします。

スポンサードリンク

花粉症の症状鼻水を止める方法は?

花粉症の症状鼻水を止める方法は色々ありますが、とても効果的な方法をあなたに

お伝えしますね。やり方ですが、まず舌で口の上部を押さえつけてください。

次に舌を離して、2本の指で眉間を押さえつけます。この動作を20回くらい、

鼻づまりが治るまで続けましょう。この方法はかなり効果があるようで、

しかもどこでも出来るので是非試してみてくださいね^^

 

そして更に鼻水を止める効果のある方法をお伝えします。まず息を深く吸って、

吐く息が無くなるまで、ゆっくり息を吐いてください。次に鼻をつまんで、頭を上下に

ゆっくり動かしましょう。上から下に動かすまで2秒ぐらいの速さで動かしてみてください。

息が必要だっていうところまで、頭の上下運動を繰り返しましょう。この方法はかなり

効果が期待できます、ただ人前でやるのは、なかなか恥ずかしいかもしれませんね^^;

 

他にも鼻水を止める方法をお伝えしますね。口に水を少しだけ含んで、

数分間その状態のままでいてください。そして最後に含んだ水は飲み込みましょう。

たったこれだけなのですが意外と効果があるんですよ。また温めることも効果的です。

鼻の周辺を蒸しタオルで温めると鼻が通りますし、ドライヤーでうなじを温めるだけでも

即効で鼻が通るんです。また風呂や運動で体を温めることで、鼻水も止まりますよ。

 

次に鼻水を止めるのに効果的な食べ物があります。ヨーグルトやお茶などは花粉症の症状を

解消するための食べ物、飲み物で最もポピュラーですよね。ヨーグルトを1年間

摂り続けると、症状が軽くなったという人もいますし、お茶もハーブティーなどは特に

効果が期待できます。

 

更にあなたにおすすめしたい食べ物はレンコンです。レンコンに含まれるムチンが鼻などの

粘膜の表面を覆う作用があるため、花粉症にも効果が期待できます。特にヨーグルトと

一緒に食べるとより効果が期待できますよ。3ヶ月食べ続けることで80%以上の

花粉症患者が症状が和らいだそうです。

 

さらにこのレンコンを食べるのではなく、レンコンをおろして、ガーゼや綿に

そのおろし汁を湿らせて鼻につめてみてください。これを左右交互に繰り返し

詰めていくと鼻が通るようになりますよ。れんこんの節の部分を使用すると

より効果が期待できるんですよね。鼻水に悩まされているのなら、

是非一度試してみてはどうでしょう^^

花粉症の症状で胃痛の原因は?

花粉症の症状で胃痛も稀にあります。胃痛の原因はいくつか考えられるのですが、鼻水や

鼻づまりなどで睡眠不足になったり、仕事が手につかないことでストレス

抱えるようになり、それが原因で胃痛になったりすることもあります。特に胃は

ストレスの影響を受けやすいので、ストレスが原因で胃痛になりやすいんですね。


スポンサードリンク

また花粉症の薬を服用した時に、その副作用で胃の粘膜が傷ついてしまい、

胃痛になることもあるんです。花粉症の薬の副作用は眠気と口の渇きが多いのですが、

体質によっては副作用が胃に現れるんですね。副作用は個人差が大きいので、もしあなたが

花粉症の薬を飲んで、胃痛など胃の調子が悪くなるようであれば、服用している薬を

変えることで改善される場合がありますよ。

 

そして花粉が直接胃に侵入し、胃の粘膜が炎症を起こし、その炎症によって胃痛に

なることもあります。これは鼻水や目のかゆみなど代表的な花粉症の症状はないけど、

花粉症の時期になると胃痛が起きるのは、花粉症の症状かもしれません。

もし胃痛の薬を飲んでも効果がないと思ったら、花粉症の薬を飲んでみてください。

アレルギー反応が治まり、胃痛が解消される可能性があるんですよね。

花粉症の症状で肌荒れの原因は?

花粉症によって肌荒れになることもあります。この原因は花粉症皮膚炎と呼ばれるもので、

何かの物に触れることでかぶれてしまう接触性皮膚炎の一つと言えますね。

ただ花粉症を患ったからといって、必ずしも花粉症皮膚炎になるとは限りません。

花粉症皮膚炎を患った人の多くは、目のかゆみや鼻水などの症状と同時に

出る事が多いのですが、中にはこの皮膚炎だけ症状が出る人もいるんですね。

 

また鼻水など花粉症の症状によって肌荒れになることもあります。花粉症防止のために

マスクをすると、マスクと肌との慢性的な摩擦によって肌荒れが起こったり、鼻水を頻繁に

ティッシュで拭くことによる、鼻の下の肌荒れはよく起こるのではないでしょうか。

またマスクを長期間し続けると、マスクで覆われた箇所が蒸れて雑菌が増殖しやすく、

吹き出物やニキビの悪化の原因にもなるんですね。

 

この花粉症での肌荒れの対策は、やはりできるだけ花粉浴びないことなので、マスクや

サングラスを着用し肌を保護したほうが良いでしょう。マスクは前述したように肌荒れの

原因にもなりえるので、室内では外すとか、こまめにマスク変えるなど、

なるべく長期間し続けないようにしましょうね。

 

また髪の毛にも花粉は付着してしまうので、帽子をかぶったほうが良いですよ。

髪全体を帽子の中に入れるようにかぶり、帰宅後はすぐシャワーを浴びて

花粉を落としましょう。来ていた服も部屋に持ち込まず洗濯機の中に入れて、

花粉を家に持ち込まない工夫が必要ですよ。

まとめ

鼻水は花粉症の代表的な症状で、その鼻水で肌荒れも引き起こしてしまいます。

また鼻水や目のかゆみがなくても胃痛など花粉症の症状があなたの体の

どこかに現れる可能性はあるので、花粉症対策はしっかりしておきましょうね^^

スポンサードリンク

 - 症状 ,