よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

花粉症症状見分け方は?セルフチェックをするには?個人差は?

      2016/02/20

花粉症
 

花粉症の症状は風邪の症状と似ています。またセルフチェックをして花粉症の度合いを

測ったり、個人差について知ることで花粉症の対策につながるのではないでしょうか。

今回は花粉症の見分け方とセルフチェックする方法、個人差についてあなたにお伝えします

スポンサードリンク

花粉症と風邪の症状の見分け方は?

花粉症の症状で最も多いのは、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみです。

風邪の症状に目のかゆみはないので、目がかゆくなったら花粉症の疑いが強いでしょう。

しかし、花粉症を患った人が必ずしも目がかゆくなるとは限りませんよね。

ほかの3つ、くしゃみ、鼻水、鼻づまりは風邪の症状でもありえるので、

その違いを把握してあなたの症状が花粉症なのか風邪なのか見分けてみてください。

 

まずくしゃみですが、風邪の場合だとくしゃみ自体は出る事が多いですが、

連続で出ても3、4回です。一方花粉症は何度もくしゃみが出ます。平均連続7、8回

と言われているんですよね。ひどい場合だと数十回連続することがあるんです。

 

次に鼻水ですが、風邪の場合には初期からひどく、最初はサラサラの鼻水ですが、

次第に粘り気のある鼻水に変わっていきます。一方花粉症ですが、透明でサラサラした

鼻水がとめどなく出てくるんですね。次に鼻づまりですが、風邪の場合には症状が

数日感続きます。一方花粉症ですが、長期間続き症状がひどいのが特徴です。

花粉症の鼻水についてはこちらも参考にしてみてくださいね

 

ほかの症状でも見分けることができます。咳ですが、風邪の場合には数日感続きますが、

花粉症の場合は出る事がある程度です。もちろん、ぜんそくであれば、ひどくなることも

ありえます。また喉の痛みは風邪の場合には痛みや腫れが出てきます。一方で花粉症の

場合は痛みや腫れは稀です。しかし、時々イガイガ感を感じることがあります。

花粉症の喉や咳については以下も参考にしてみてくださいね

花粉症の症状が子供の咳の原因?喉の痛みや痰を止めるには?
子供の咳が止まらない、市販薬を飲ませても止まらなくて困った事はないでしょうか? 実はその咳は花粉症が原因の場合があるので...
 

熱ですが風邪の場合には38°までの熱が多いのに対して、花粉症の場合は、滅多に

出ることはありません、出ても微熱です。

花粉症の熱については以下も参考にしてみてくださいね

花粉症の症状で熱や寒気を感じる?関節痛もある?のどが?
花粉症の症状と言えば、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状が一般的ですが、 花粉症の症状の中には熱が出たり、寒気を感じた...
 

このように症状の詳細を確認していくと、見分けることができるんですね。

上記を参考にあなたの症状が、花粉症なのか風邪なのか見分けてみましょう。

もちろん例外もあるので、あくまで参考程度なので、どうしても不安であれば、

医療機関で診断することをおすすめしますよ^^

花粉症の症状のセルフチェックをするには?

花粉症の症状のセルフチェックですが、まず花粉症かどうかのチェックですが、

1.鼻水やくしゃみが続けて出る。2.鼻水が透明でサラサラしている。

3.目がかゆくなる。4.毎年、同じ時期に症状が出る

以上の4つの項目に1つでも当てはまるのなら花粉症です。


スポンサードリンク

そして花粉症には鼻づまり型くしゃみ鼻水型に分けることができて、鼻づまり型は、

鼻づまりの方が強く現れるタイプで、くしゃみ鼻水型は、くしゃみ鼻水の方が強く

現れるタイプなのですが、それぞれ程度によって5段階に分けることができます。

 

鼻づまり型はレベル0が鼻づまりなし。レベル1が鼻づまりはあるけど、

口呼吸をすることは無い程度。レベル2が鼻づまりが強く、時々口呼吸をする。

レベル3が鼻づまりが相当強く、ほぼ口呼吸をしている。レベル4が1日中完全に

鼻が詰まっている。

 

一方くしゃみ鼻水型は、1日のくしゃみ、あるいは鼻かみの回数でレベル分けします。

レベル0が0回、レベル1が1~5回、レベル2が6~10回、レベル3が11~20回、

レベル4が21回以上です。

 

また日中の症状については、

1.家事や仕事、勉強の時に集中力や意欲が低下してるかどうか

2.体がだるかったり、疲れやすいなと感じているかどうか。

夜間の症状はについては、

1.寝つきが悪いため、睡眠が不十分。

2.寝ていても夜中に目が覚めてしまう。

 

このような症状が1つでも当てはまるのなら、日中の生活、夜間の生活、

あるいは両方において花粉症があなたに影響を及ぼしています。

医療機関で医師に相談する際には、上記のことを伝えて相談してみましょう。

花粉症の症状の個人差はある?

花粉症の症状は様々で、その症状も現れ方も人それぞれ個人差があります。花粉症の

代表的な症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみですが、花粉症を患っている人

全てが必ずしも現れるわではなく、また複数患ってしまうこともあるんですね。

 

そして上記の代表的な症状だけでなく、体がだるかったり、咳が出たり、微熱や喉の痛み、

頭痛や吐き気など様々です。また身体的な症状だけでなく、うつやイライラなど精神的な

症状も現れることがあるんです。ですので、いち早く原因を特定して、花粉症の対策を

行ったり、医療機関で医師に相談、診察、薬などの処方をしてもらうようにしましょうね。

まとめ

あなたの身に起こっている症状から、花粉症かどうかを見分けて、セルフチェックを行い、

あなた自身で状況を把握しておけば、その対策もしやくなるでしょうし、医師に相談する

ときもスムーズです。また個人差もあるので、一概に人と比べることは難しいので、

ぜひ参考にしてあなた自身の花粉症の状況を把握してみてくださいね^^

スポンサードリンク

 - 症状 ,