よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

花粉症薬副作用で眠気の原因は?吐き気も?頭痛が起こる薬は?

      2016/02/20

花粉症
 

花粉症の薬の中には、副作用を引き起こすものがあります。花粉症の症状を緩和させる

ために服用しても、その副作用に悩まされる時もあります。今回は副作用の中でも眠気や

吐き気、頭痛の原因ついてあなたにお伝えします。

薬を服用する際の参考にしみてくださいね

スポンサードリンク

花粉症の薬の副作用で眠気が起こる原因は?

花粉症の薬の副作用で眠気が起こる原因についてお伝えします。花粉症の薬で

抗ヒスタミン薬、というのがあります。花粉症の薬としては有名で、あなたも

聞いたことがあるかもしれませんね。抗ヒスタミン薬とは抗ヒスタミン剤の内服薬の

ことで、ヒスタミンの働きを抑えて、アレルギー症状を抑制する薬です。ヒスタミンは

アレルギー症状を引き起こす化学伝達物質で、花粉症の症状の原因となっています。

 

抗ヒスタミン剤が開発されてから、確かな効果と即効性によって、幅広く使われて

きたんです。しかしこの抗ヒスタミン剤は眠気が起こる副作用があるんですよね。

ヒスタミンはアレルギー症状から考えると、あなたのを悩ませている一番の原因物質

ですが、このヒスタミンは脳を活性化する、という大切な役目を担っている物質なんですね。

 

それが抗ヒスタミン剤を服用することで、脳のヒスタミン作用を妨害してしまいます。

これにより花粉症の症状は収まりますが、同時に脳の働きも抑えられてしまい、

脳の判断や思考などの能率が低下する為、眠気の様な症状が起きるのです。

この眠気も厄介なのですが、むしろ注意しなければならないのは、脳の効率が

低下している自覚が無い場合なんですよね。

 

これは必ずしも眠気の症状が現れる訳ではないので、脳の効率が低下している自覚が

ない場合があります。その場合、気づかずに自動車を運転したりするなど

危険な状態で、日常の作業をしてしまう可能性があることです。

 

市販の花粉症の薬の多くは第一世代の抗ヒスタミン薬で、第一世代は、即効性に

優れているなどの利点があるのですが、脳内への薬剤以降率が高いため、脳の効率が

低下することが大きいのです。この脳の効率の低下率は、アルコールに換算すると

ビール1000mlにもなると言われているんですね。

 

また市販されている第一世代の抗ヒスタミン薬には、副作用の眠気を防ぐために、

コーヒー数杯分のカフェインを混ぜているものが大半です。「眠くならない花粉症の薬」

などの謳い文句を、あなたも聞いたことがあるのではないでしょうか。確かに

カフェインの効果により眠気は防ぐことができますが、脳の効率の低下は改善されません。

これは例えばビールを飲んで酔っ払った人が、直後にコーヒーを飲んで眠気を覚ました

としても、自動車を運転することは危険だという事と同じ事なんですね。

 

したがって、自動車を運転する人はもちろん、勉強や仕事に支障をきたしたくない

のであれば、医師に診断してもらい、脳の効率低下の少ない第二世代の抗ヒスタミン薬の

中から処方してもらいましょう。特に自動車運転の制限のない

「アレグラ」「クラリチン」の使用が良いでしょう。

花粉症の薬の副作用で吐き気も起こる?

花粉症の薬を服用すると、吐き気を起こすという事も聞かれますが、実は花粉症の薬が

原因ではなく、花粉症そのものが原因になることが多いんですね。これは副鼻腔炎という

炎症や花粉が胃に付着した事が原因で、吐き気が起きる場合があります。

吐き気の症状は以下を参考にして見てくださいね

花粉症の症状頭痛や吐き気、めまいや肩こりの原因と対策は?
花粉症の症状として頭痛や吐き気などもあり、まためまいや肩こりなど、 一見花粉症とは関係ないような症状も、引き起こされる恐...

スポンサードリンク

花粉症の薬の副作用として眠気と口の渇きが大半ですが、まれに胃痛や吐き気などの

胃腸障害が副作用として現れる場合があるので、もしあなたが薬を服用して、

胃痛や吐き気がおきたら、薬の種類を変えてみましょう。

花粉症の薬の副作用で頭痛も起こる?

花粉症の薬の副作用で頭痛が起きてしまう薬もあります。花粉症の眠気を避けるために

「アレグラ」「クラリチン」を紹介しましたが、この薬は副作用が大変低いため、

妊婦の女性でも処方されるくらい、多くの花粉症患者が使っています。

 

しかし完全に副作用がないというわけではなく、個人差で副作用は起こりえるんですね。

もちろん確率は低いのですが、薬に対して副作用が0%というのは、

ほぼありえないのです。特に副作用の少ない「アレグラ」は稀に頭痛が起きることが

あるようで、他にも「ザイザル」「ポララミン」は頭痛を引き起こします。

 

また、マレイン酸クロルフェニラミンを含む花粉症薬は副作用として、

頭痛が確認されているんです。集中力が低下して疲れやすくなったり、日中に起こった

眠気のために昼寝をして、夜に十分睡眠できなかったため、症状が出たという可能性も

否定できません。もし頭痛が起こってしまったら、医師に相談してみましょうね^^

まとめ

花粉症の薬の副作用は薬の選び方で、ある程度避けることができます。

薬を服用した時に、眠気や吐き気、頭痛が起きたら、薬の種類を変えたり

医師に相談して、あなたに合った適切な薬を処方してもらいましょう^^

スポンサードリンク

 - 副作用