よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

花粉症薬の副作用で肌荒れに?発疹も?むくみを引き起こす?

      2016/02/20

花粉症
 

花粉症の薬を飲み始めてから肌にかゆみが現れて、肌荒れになる人が多いようで、

発疹など肌の異常もあるようです。また薬によってはむくみも起こるようなのです。

今回は花粉症の副作用での肌荒れや発疹、さらに顔のむくみについてあなたにお伝えします。

スポンサードリンク

花粉症薬の副作用で肌荒れに?

花粉症の薬の副作用で肌荒れになる原因は、自律神経をみだ抗コリン作用です。

抗コリン作用とは、副交感神経が交感神経より優位になっている時に、副交感神経に

情報を伝える「アセチルコリン」を抑制する作用で、花粉症の薬を服用した時に、

この抗コリン作用の副作用によって、副交感神経に情報が伝わらず、交感神経だけが

優位となるため肌荒れが生じるんです。

 

なぜかというと、交感神経だけが常に優位になってしまうと、血管が収縮して血流が

悪くなります。血流が悪くなると、肌に酸素や栄養が届きにくくなってしまうので

肌荒れが生じるのです。したがって、肌荒れになってしまうのは、花粉症の薬を服用する

うえでは、ある程度起こってしまう事なんですよね。

 

また夜間や睡眠時の交感神経から副交感神経に自律神経が切り替わる時間帯は、花粉症の

薬での肌荒れの副作用が起こりやすいのです。睡眠時などリラックスする時には、

副交感神経が働き体の不調を修復してくれるのですが、そのため、起床時に肌荒れや

湿疹などが起こるんですよね。

 

花粉症の薬の副作用が原因の肌荒れを治す方法は、やはり薬を中止するのが

一番でしょう。もしくは、薬の種類を変える方法もありますが、やはり同じ花粉症の

薬のため、個人差や体と薬との相性によって、症状の度合いは変わるでしょうが、

副作用は起きてしまうので、薬を服用する際には、事前に確認したり医師に

相談してみてくださいね。

 

また肌荒れが気になるのなら納豆が効果的です。納豆は「ムチン」という成分が

含まれていて、ムチンは目や肌、口内などの様々な体の部分を、花粉などの

アレルゲンから守る作用があり、花粉症の肌荒れやかゆみなどの症状を防いで

くれるんです。そして納豆には皮膚の再生を促進させるビタミンBが含まれているので、

肌荒れが早期に治る効果も期待できるんですよね。ということは、予めあなたの

食生活に納豆を多く摂るようにしておけば、花粉症の予防にもつながるのです。

花粉症薬の副作用で発疹も?

前章でお伝えしたように花粉症の薬の副作用で肌荒れが生じるのですが、その肌荒れの

中でも発疹が起きることがあります。この薬や注射の副作用で、できてしまう発疹の事を

薬疹というのですが、その中でも一部の人に生じるのがアレルギー性薬疹で、

通常薬疹と言えば、このアレルギー性薬疹のことをいいます。


スポンサードリンク

なぜ薬疹が起きてしまうかというと、初めて使用する薬を始めてから、あなたの体にその

薬の成分に対しての抗体ができてしまう事で起こるんですね。要は薬に対して

アレルギー反応を起こしてしまうんですね。花粉症というアレルギー症状を緩和させる

ために、薬を服用したのに、薬に対してアレルギー反応を起こしてしまい、更には

重症化してしまい生命に関わるケースもあるんです。

 

薬疹が起こり始めるのは、薬を服用してから1~2週間程かかります。しかし発症して

2回目以降の場合は数日で出るケースが多くなるようですね。ただ例外も多く、数ヶ月、

数年後になって初めて薬疹が出るケースもあるので、あくまで目安程度にしかなりません。

 

そして薬疹には重症化のものもあります。スティーブンス・ジョンソン症候群や

中毒性表皮壊死症(ライエル症候群)、薬剤性過敏症症候群の3つが挙げられ、

これらは命に関わる症状なんです。これらの症状は薬を中止するだけでは回復せず、

更に悪化していくため、早期の対応がポイントとなります。

 

早期に対応するためには、症状の軽いうちに薬疹を疑って、原因となった薬を

できるだけ早く確定させ中止することが、最も重要となりますよ。薬疹の診断と治療には

専門医の知識が必須なので、もし何か皮膚の異常に気づいたら、皮膚科へ行き、1ヶ月以内で

新たに始めた薬の情報や薬の使用歴、常用している薬などを医師に伝えましょうね。

花粉症薬の副作用でむくみを引き起こす?

花粉症薬の副作用でむくみを起こすこともあります。花粉症の薬で主に使用されている薬は、

抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤、ステロイド剤です。この中でステロイド剤を

使用した場合、むくみや胃腸障害、免疫力低下などの副作用が出る可能性が

あるんですよね。花粉症の薬を短期間の服用であれば、副作用が顕れる可能性は

少ないでしょうが、長期になるとこの副作用が顕われやすくなります。

 

では、副作用が現れたら薬の服用を中止したらいい、と思うかもしれませんが、

服用をやめるタイミングも注意が必要なんですよね。というのもステロイド剤を

服用することで、体内で自然に分泌されるステロイドホルモンが分泌されなくなります。

体内がこのような状態で、薬の服用を中止した場合、体内のステロイドホルモンが

足りないため、だるくなったり、頭痛などの症状を引き起こしてしまうんです。

 

もし花粉症の薬の副作用でむくみが生じたら、薬を服用している間は、

塩分摂取を控えてください。また体の中の水分バランスの調整が必要なので利尿作用の

ある食べ物や飲み物を多く摂ることを意識して、むくみを改善していきましょう

まとめ

花粉症の薬の副作用の肌荒れは、普通に起こり得る症状で、発疹やむくみも個人差は

ありますが起こりえます。薬を中止したり、短期間であれば副作用が起こることは

ありませんが、中には重症化するケースもあるので、服用して肌の異常を感じたら、

医師に相談してみることをおすすめします。

スポンサードリンク

 - 副作用 ,