よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

花粉症薬の副作用のめまいや動悸、倦怠感の原因と対策は何?

      2016/02/20

花粉症
 

花粉症の薬を服用したときに、めまいや動悸の副作用が生じることがあります。めまいや

動悸が生じるケースを多く、また倦怠感を伴うこともあるんですよね。今回は花粉症の薬の

副作用のめまいや動悸、そして倦怠感の原因と対処法ついてあなたにお伝えします。

スポンサードリンク

花粉症の薬の副作用にめまいはある?

花粉症の薬の副作用でめまいは起こります。その起こる原因は抗コリン作用で、

抗コリン作用とは、副交感神経が分泌するコリンを抑制する作用です。これによって、夜間や

就寝などリラックス時の自律神経である副交感神経を抑制してしまい、自律神経の

バランスを崩してしまうのです。それによりめまいなど様々な症状が起きるんですね。

 

抗コリン作用で交換神経が優位になり、交感神経が優位になると緊張感や興奮が伴うので、

脳への血流が減少して、そのため内耳の機能が低下してしまいます。内耳の機能が

低下するとめまいが生じるんです。花粉症の薬でめまいを引き起こす可能性があるのは、

アネトンアルメディ鼻炎錠やアレグラです。まためまいと共に動悸も起こす可能性の

ある薬になると、結構多くの薬が該当するんですよね。しかしながら、アレグラは

副作用の少ない第二世代の抗ヒスタミン薬ですので、副作用が起こるとは言っても

確率は低いと考えられますよ。

 

そもそも神経系に作用を及ぼす薬にはめまいの副作用があることが多く、もし花粉症の

薬を服用して、めまいが起きたのなら副作用が考えられますが、「薬を飲んだ」という

意識が中枢神経系に影響を与え、めまいを起こさせることも少なからずありえます。

 

また貧血や低血圧などの症状を持っているのなら、めまいが起きる可能性を持っているし、

自律神経失調症というような神経系の不調によってもめまいは起こるので、花粉症の薬を

服用し始めてから、めまいが度々起こるのなら副作用の可能性も考えられますが、

正直確実な特定は難しいので、もしめまいが頻繁に起きるようでしたら、医師に相談し、

診察を受けて適切な治療を受けるようにしましょう。

花粉症の薬の副作用に動機もある?

花粉症の薬の副作用には動悸も起こることがあるんですが、動悸はめまいと一緒に生じる

ことが多く、原因もめまいと同じく抗コリン作用によるものです。動悸だけを起こす

可能性のある薬はタリオンなど。また安息香酸ナトリウムカフェインや無水カフェインを

含むものも、動悸を起こす可能性があるんです。


スポンサードリンク

そもそも動悸は交感神経の働きが高まっていることで起こり、緊張や不安、恥ずかしいと

感じたときに起こるもので、この場合はなんの心配もないんですよね。しかし、動悸は

薬の副作用はもちろん、ストレスや過労、寝不足でも起きますし、さらには動悸を

起こしている疾患も考えられるのです。

 

まず花粉症の薬を服用して、動悸が起きたのなら副作用が考えられますので、その薬の

服用は中止しましょう。1日服用しなければ、薬の成分は大体体内から無くなりますよ。

しかし、もし薬の服用を中止して2日経っても動悸が治まらないのであれば、動悸の原因が

薬の副作用ではない可能性があります。その時には医師の診察を受けてくださいね。

花粉症の薬の副作用は倦怠感も起こる?

花粉症の薬の服用で、倦怠感が起こることもよく耳にしますが、これは眠気の副作用と

同じ原因で、眠気だけでなく頭がボーッとしたり、やる気が無くなったりするんですね。

副作用で眠気が起きる人は、同時に倦怠感を感じていることが多いんです。

 

花粉症の薬の副作用での倦怠感を解消するためには、他の副作用の解消法と同じく、

薬を中止することが一番です。また自動車を運転する前とか、仕事前には

服用しないなど、薬の服用するタイミングにも気をつけてくださいね。

まとめ

副作用でのめまいや動悸、倦怠感は薬を服用するうえでは、どうしても顕れる可能性の

ある症状です。花粉症の薬による副作用であれば、薬の服用を中止することが一番の

解決方法ですが、花粉症の症状に悩まされてしまうので、薬の種類を変えたり、医師に

相談するなど、副作用を回避しつつ花粉症の症状も緩和できる

あなたに適した方法を見つけましょうね^^

スポンサードリンク

 - 副作用