よくある病気情報ラボ

季節性の病気や流行りの病気についての情報をあなたにお伝えします

花粉症の薬の種類と強さは?効き目は?組み合わせは危険?

      2016/02/20

花粉症
 

花粉症の薬には色々な種類や強さがあり、効き目がいまいち感じられなかったり、

逆に効き目も強いけど、副作用も強く感じられたりすることがあるのではないでしょうか。

今回は花粉症の薬の種類や強さ、効き目と花粉症の薬との

組み合わせについて、あなたにお伝えします。

スポンサードリンク

花粉症の薬の種類と強さは?

花粉症の薬の種類と強さですが、花粉症の薬で現在主流となっている第2ヒスタミン薬

種類と強さについてあなたにお伝えしますね。まず抗ヒスタミン薬とは、かゆみや鼻水など

花粉症の症状の原因となる物質ヒスタミンを防ぐ薬で、ヒスタミンは脳内の

伝達物質としても使われているんです。

 

そのため、初期の花粉症の薬である第1世代の抗ヒスタミン薬は、脳にも届く強さの

薬だったため、脳内の伝達物質としてのヒスタミンの活動も妨害してしまうので、眠気が

襲うなど副作用が出てしまうという欠点がありました。よく市販の花粉症の薬が眠くなると

言われているのは、このような理由からなんですよね。

 

そこで薬が脳に届く副作用を改善して、副作用を少なくした薬が第2世代の

抗ヒスタミン薬です。第2世代の抗ヒスタミン薬は、主に医療用の処方薬として

利用されてきましたが、最近では市販薬にも転用されています。アレグラFX、

アレジオン10などは、この第2世代の抗ヒスタミン薬に該当しますよ。

 

まず第1世代の抗ヒスタミン薬は、処方薬がポララミン、市販薬は鼻炎カプセルなど

ほとんどの市販薬にが当てはまります。目のかゆみや鼻水、くしゃみに効果があり、特に

鼻水やくしゃみに対する効果はとても強いですよ。しかし、その分強い眠気や口渇など

強い副作用がでてしまうんですね。

 

次に現在主流の第2世代の抗ヒスタミン薬です。第2世代の抗ヒスタミン薬は、大きく

3つに分けてお伝えします。まず1つは処方薬はアレグラ、クラリチンで、市販薬だと

アレグラFXです。目のかゆみ、鼻水、くしゃみ、鼻づまりに満遍なく効果があるのですが、

薬の強さはありません。ですが副作用はほとんどなく予防療法として

使用する事にも適しています。

 

2つ目の第2世代の抗ヒスタミン薬は、処方薬はアレジオン、アゼプチン、エバステル、

タリオン、ジルテック、ゼスラン、アレロック。市販薬だとアレジオン10や

アルガード鼻炎内服薬ZIIが該当します。これも目のかゆみ、鼻水、くしゃみ、鼻づまりに

満遍なく効果があるのですが、強い薬ではなく1つめ目のアレグラやクラリチンと

ほぼ同じです。しかしこちらは軽い眠気など副作用が少しあるんですね。

 

3つ目の第2世代の抗ヒスタミン薬は、処方薬はザジテン、レミカット(ダレン)、

セルテクト。市販薬だとパブロン鼻炎カプセルZやザジテンAL鼻炎カプセルなど。こちらも

目のかゆみ、鼻水、くしゃみ、鼻づまりに満遍なく効果があり、特に鼻水やくしゃみに

対しては、前の1つ目、2つ目の花粉症の薬より強いため効果がより期待できます。

しかしその分やや強めの眠気を伴う副作用が出でしまいます。

 

花粉症の薬の種類によって強さが違い、それに比例して副作用も生じるので、服用する

タイミングや症状の度合いによって、あなたの症状や体質に適した花粉症の薬を

選んでくださいね。

花粉症の薬の効き目の時間は?

花粉症の薬の効き目の時間についてお伝えします。まず第1世代の抗ヒスタミン薬の

効き目は、約30分くらいで効果がみられるので、即効性がかなりあります。

しかし効き目の持続時間は半日程度となるため、初期療法としてはあまり向いていません。


スポンサードリンク

次に1つ目のアレグラ、クラリチンや2つ目のアレジオン、アゼプチンなどですが、

第1世代の抗ヒスタミン薬と同じく、一応約30分くらいで効果がみられますが、効き目は

弱いため、30分程度は効果が感じられないかもしれません。しかし効き目の持続時間は

半日から1日と、第1世代の抗ヒスタミン薬より長いです。

 

そして3つ目のザジテン、レミカットなどですが、効き目は数日経たないと顕われない

場合もあり即効性はありません。しかし、効き目の持続時間は半日から1日と、

他の第2世代の抗ヒスタミン薬と同じなんですね。

花粉症の薬は風邪薬と組み合わせるのは危険?

まず結論から言えば、花粉症の薬と風邪薬のの組み合わせは避けましょう。というのも、

風邪薬と共通して抗ヒスタミン薬や血管収縮薬が含まれていることがあり、組み合わせて

服用してしまうと、血中濃度が上がってしまうため、副作用の生じる可能性が

高まる場合があるんですね。

 

ただ風邪薬の中には花粉症の薬と、同じ成分が含まれていないものもあります。花粉症薬と

薬効がかぶらない風邪薬であれば、副作用が強く出ることもありませんので、そのような

風邪薬なら組み合わせても問題ないんですよね。しかし、基本的には風邪薬との

組み合わせはおすすめしません。どうしてもという場合には、医師に相談して、

組み合わせても良いかどうかを確認してくださいね。

まとめ

花粉症の薬には種類や強さなど様々で、即効性や持続性も薬によりけりです。

あなたの症状の強さや体質に合わせた薬選びをしましょうね。

また風邪薬との組み合わせは、原則避けましょう^^

スポンサードリンク

 - ,